神奈川観光

あつぎ鮎まつり大花火大会~ちょっとした攻略法など


 スポンサーリンク


あつぎ鮎まつり大花火大会 攻略・クチコミ情報 約10000発の花火大会
神奈川県厚木市  



 毎年8月第1土曜日に開催。スターマインの連発や迫力の大玉打ち上げなど、バラエティに富んだ内容で観客を飽きさせない。
 相模川を250m横断するように設置された大ナイアガラや、仕掛け花火も迫力満点。
 横浜の花火大会が衰退した現在では、神奈川県内で1位・2位を争う打上げ数となった約10000発の花火が楽しめる。

攻略・クチコミ情報
 小田急電鉄・本厚木駅をメインに、JR厚木駅・小田急・厚木駅、小田急・相鉄の海老名駅、JR海老名駅から徒歩15分圏内と、アクセスが良い花火大会で、毎年約60万人が訪れる。
 河川敷臨時駐車場は約1800台収容で、夕方15時から入れる。その他、海老名駅周辺や、本厚木駅周辺には有料駐車場が豊富だが、この日ばかりは早く満車になるので、もし車を止めるのなら午前中の早い時間には行動を開始したい。
 厚木市側の河川敷は、平地になるように整備するなど、会場設営にかなりの予算が使われている。
 花火は最大7号玉(開いた直径約200m)で、フィナーレの花火連発は大変迫力がある。
 仮設トイレは18時30分頃より並ぶ列ができ混雑するので、早めにトイレに行くように心掛けよう。
 海老名市側から帰る場合は、JR厚木駅はホームが狭い事もあり、大変混雑するので、海老名駅を目指すほうが無難。
 厚木市側から帰る場合は、本厚木駅に行く方法で問題なし。
 車の場合、周辺道路は大変混雑する。とくにかく、会場からまずはできる限り離れて帰ることが一番早く帰れる方法。
 河川敷の臨時駐車場からは出るのにすごく時間が掛かる。
 ゴミは散らかさないように、必ず持ち帰りましょう。

最低限お勧めな持ち物

 敷物(シート)は座るのに必要。
 懐中電灯は暗い中、トイレに行ったりするのと、物を探したりするのに必要。
 河川敷は石や草があるので、靴はスニーカーなどがお勧め。サンダルなど足が露出する靴はケガに注意。

 → 相模原の花火大会も見てみる


小生の花火攻略方法

 帰りは「車で帰る」と言う前提で行くため、午前中の朝9時前後に、まず「場所取り」に車で行きます。シートをペグで固定して、風が吹いても飛ばないようにします。
 そして、車はそのまま有料駐車場に止めて、歩いて駅まで行き、自宅に一旦帰ります。
 その後、18時くらいに到着するように、電車で現地に向かい、花火終了後は止めていた車で帰ってきます。
 テキヤ(露店)は衛生上も良くないですし、良く売れるので価格も高い設定なので、食べ物・飲料は持参します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

★元旅行会社勤務の私も驚きの価格にビックリ。
ほぼ毎月利用しています。例えば東京発25000円で松山1泊旅行に行けました。(^^)
レンタカーやオプションも激安です。
一度、比較してみてください。
JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー



 スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. ニュー小田原城~2016年リニューアルの小田原城を訪ねて
  2. 相模原のレトロ自動販売機 相模原のNEW珍スポット「懐かしいレトロ自動販売機」たくさん? …
  3. よみうりランド【ジェルミレーション】300万球の宝石~混雑情報
  4. 大磯城山公園 神奈川県立公園 ちょっとしたハイキングに最適
  5. 新横浜駅 新幹線改札 横浜市内の乗車券 乗り継ぎ
  6. 戦艦三笠【記念艦みかさ】日本海軍の旗艦を見学しよう
  7. 星谷寺と座間戸谷山公園
  8. 真鶴半島の三ツ石海岸 真鶴半島の三ツ石海岸で満喫する海の大自然と琴ヶ浜海岸の磯遊び情報…

旅の思い出をお聞かせください

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Rakuten-Link

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 円月島 南紀白浜のシンボル 円月島
  2. 永平寺~およそ800年の歴史を持つ厳しい座禅修行の道場 永平寺

PAGE TOP