山梨観光

高遠城から八王子まで松姫の足跡を辿る史跡巡り


 スポンサーリンク


 武田信玄の娘で、織田信長の嫡男・織田信忠と婚約するも、1582年に織田家は甲斐へ侵攻し、武田勝頼を自害に追い込む。
 この時、高遠城から八王子への無念の逃避行を行う悲劇の姫「松姫」の足跡を辿る歴史の旅です。

躑躅ケ崎館

 松姫は甲斐の躑躅ヶ崎館で生まれ育ったとされます。
 7歳の時に11歳の織田信忠と婚約するも、武田信玄の死後、織田家の武田領侵攻が現実味を帯びてきます。
 織田信忠と婚約していた松姫は、躑躅ヶ崎館に居ずらくなります。

高遠城

 21歳の松姫は躑躅ヶ崎館から弟・仁科盛信(22歳)の高遠城に移って過ごしていましたが、そんなのも束の間、織田信忠が大将となった50000もの大軍が高遠城に迫ったため、仁科盛信の娘・督姫(4歳)を連れて、新府城へ逃れます。

新府城

 新府城にも危険が及ぶ可能性が高い事から、更に武田勝頼の娘・貞姫(4歳)、武田一族・小山田信茂の香貴姫(4歳)や仁科盛信の嫡男・仁科信基らを連れて、更に東へと逃れます。

向嶽寺

 松姫一行はしばらく向嶽寺に滞在していました。


スポンサーリンク

 その間に、武田勝頼は天目山で自刃し、その後の成り行きを見守っていましたが、やがて織田家による残党狩りが厳しいものとなり、北条家を頼る事とし、八王子へ向かいました。

案下峠(和田峠)

 
 八王子への逃避行は、もし敵に発見されたら、命もわからないと言う大変不安な環境です。
 しかも、人目を避けて山間部を辿ったと考えられ、大変厳しい旅であったことでしょう。

恩方の松姫の碑

 案下峠の麓に入った松姫一行は、本当に安心したことでしょう。
 幸いにも、武田勝頼の継室が北条夫人でしたので、その縁で八王子城主・北条氏照を庇護を受けたのです。

心源院

 八王子に入った松姫ですが、この心源院にて出家し信松尼と称しました。

信松院

 1590年には八王子に信松院と言うあばら屋をもうけて、晩年を過ごし、現在の信松院に松姫の墓があります。

 →松姫の詳細はこちら

コメント欄に「一句」をどうぞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

★元旅行会社勤務の私も驚きの価格にビックリ。
ほぼ毎月利用しています。例えば東京発25000円で松山1泊旅行に行けました。(^^)
レンタカーやオプションも激安です。
一度、比較してみてください。
JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー



 スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 払沢の滝 (東京都檜原村) 日本の滝百選 無料駐車場・遊歩道も完…
  2. 新府城から天目山の戦いまで武田勝頼一行の足跡を辿る山梨史跡巡り
  3. 新選組ふるさと歴史館と日野本陣・日野宿交流館
  4. 多摩の新選組ゆかりの地を効率よく周る方法1泊2日編
  5. 笹子峠の矢立ての杉・笹子隧道・駒飼宿本陣跡~マイナー史跡もたまに…
  6. 多摩動物公園の駐車場で困らないために~お勧め駐車場はココ
  7. 昇仙峡の一番の見どころはここ「仙娥滝」~短時間でも御岳昇仙峡を堪…
  8. 深大寺のパワースポットを気軽に散策

Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. EOS-Kiss-X7のダブルズームキット~一眼レフ初心者でも簡単APS-Cデジカメ
  2. 松本・別所・駒場・川根の2泊3日の旅

PAGE TOP