青森観光

青森・白神山地方面 みちのく温泉1泊2日の旅③ (2日目 十二湖と不老ふ死温泉)




← 1日目のみちのく温泉宿泊からの続きです。

1日目宿泊した「みちのく温泉」をあとにして、まずは十二湖に向かった。道路も交通量が少ないので約20~30分であろうか? 途中、日本キャニオンを望める駐車場に入り写真撮影。本当なら、少し散策して展望台まで行きたいところだが、4歳になったばかりの娘にはまだ無理と、すぐに車に戻り先に進む。

 舗装されているが若干狭い箇所もある山道を進むと、道路沿いから色々な湖がいくつも見えてきた。緑色した水面に山の木々が鏡のように写っている静かさ。
 青池へは挑戦館にある有料駐車場に入り車を止めた。駐車料金は駐車場から階段を下ったところで料金を支払う。
 そして、鶏頭場の池沿いの舗装された林道を歩くと程なく、青池方面に行ける砂利道があるので進んだ。


スポンサーリンク

青池

 青池

 青池は北海道の摩周湖近くにある「神の子池」と同じように青い水面である。噂どおり神秘的な小さな湖であった。
 雨上がりだったが、青池まで靴を汚さず往復できた。整備されているハイキング道で、駐車場から往復歩くのと、挑戦館でお土産を買って所要約60分といったところ。

 娘が途中見つけたサンタさんの看板を見て「サンタクロース」と何度も言うので、予定には入れてなかったが、十二湖から車で約10分のサンタランド白神にちょっと寄った。サンタランドは宿泊施設や遊戯施設なども充実したリゾート施設である。物産店だけ寄って、ちょっと買物だけして、すぐに国道を戻るような形で、今回の旅行のクライマックスとして黄金崎の不老ふ死温泉へ向かった。

不老ふ死温泉

 不老ふ死温泉は、大変人気の有名な温泉。何が有名かと言うと・・
 渚の露天風呂と言う、日本海の海水があらわるすぐ横に自然に湧く温泉の湯舟があるのだ。湯舟は2つで混浴と女性専用と分かれている。
 高波の際には水没することから、脱衣所があるものの簡素で屋根もない。要するに湯に浸かるとすぐ真横が海と言う、とても良い自然環境のなかにある露天風呂なのだ。
 近くを漁船などが通過すると海からは女性風呂も見えてしまうだろう。すぐ横の岩場では水着を着て泳いでいる家族もいた。海水は冷たいので、泳いでは暖かい温泉に入ると言う動作を繰り返しているようだった。

furoufushi

 不老ふ死温泉は、日帰り専用の入口があり、近代的な建物になっている本館の大浴場も日帰り利用できる。
 泉質は、みちのく温泉と同様に濃い茶褐色の温泉だが、浮遊物はほとんどなく、みちのく温泉と比較するとおとなしい温泉と感じる。冬場以外は井戸水にて加水しているので、みちのく温泉のように100%天然ではない時期であったが、掛け流しでとても良い温泉だ。強塩味は同じ。
 価格の割には定食に色々とついておりお得感がある食堂の窓からは、男性の露天風呂が一部覗けてしまう。
 平日ではあったが、ひっきりなしに訪れる客がいた有名な温泉であった。
 そして、充分に汗も流したところで、昼食も取れたし、あとは帰路と言う事で秋田空港を目指す。

 時間があれば、ウエスパ椿山の温泉にも寄りたかったが残念。帰りは国道をそれて海岸線の旧道などをできる限り走行し、雄大な日本海の景色を楽しみながらドライブした。
 時間も少し余裕があり、国道7号も信号が少なかったので、昭和男鹿半島ICまで一般道で行き、高速代を少し節約。

 秋田空港に到着する直前には、大変ビックリした出来事が起こった。
 秋田空港内の周回道路では、空港駐車場を探す車であろうか? 直進ラインを進んでいた当方車線に、右折ラインを走行していた車がウインカーも出さずに突然目前に割り込んできて進路妨害され、当方はとっさにハンドルを左に切り危うく回避。中途半端な速度で走行していたその車の雰囲気的に、経験上から危ない行動を取る可能性がある車だと予測して当方が注意していたからよかったが、普通であれば当然事故になるところ。とっさにクラクションを鳴らして回避運転できたのは幸いだった。
 しかし、相手は普段と異なる空港内の道路で緊張していたのだろうか? 自分がクラクションを鳴らされたこと事態にも気が付いておらず、自分以外の車は何も見えていない様子で、数百メートル進んだあとでも、再び車線をはみ出してきて再度当方の進路妨害され、当方は2度も急ブレーキを掛ける羽目になったので、またクラクションを鳴らさなければならないと言う有様・・。
 後部座席に乗っていた小生の妻も大変憤慨していた。大変残念な秋田ナンバーの乗用車であり、小生は秋田ドライバーの印象を悪くしたのは言うまでもない。あとにも先にも2007年最大の自動車事故回避操縦であり、ここまで危険な目に合うことも5年に1度程度だろう。

 

 秋田空港のガソリンスタンドで給油し、レンタカーを返却。送迎車にて秋田空港ターミナルに行く。
 秋田空港から羽田空港に夕刻到着し、羽田空港のフードコートで食事。羽田から自宅までの帰路は思ったより渋滞せず、21時に無事自宅に着いた。 
 なお、4歳の娘は、青森旅行のあと「旅行」と言えば=あおもり(青森)と勘違いして、今度また旅行に行こうか?と問うと、「あおもり?」と、返してくる有様がしばらく続き、青森が好きになったのは言うまでもない。
 しかし、4歳児では飛行機で「空」を飛んだと言う体験に対しては、ほとんど興味がない? (わかってない?)のが不思議であった。

 そうそう、安く簡単に手配できる「楽天トラベル」を利用する場合には「ここを使う」と更にお得になりますよ。

 

十三湖を望む展望台ベスト3~ 呑龍岳展望台・唐川城跡展望台

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 酸ヶ湯温泉 酸ヶ湯温泉の歴史あるヒバ千人風呂混浴と5つの源泉を堪能する癒しの…
  2. 青森・白神山地方面 みちのく温泉1泊2日の旅② (みちのく温泉)…
  3. 三沢空港 三沢空港にラウンジはあるのか? 三沢空港での暇つぶし方法
  4. 十和田湖 十和田湖 神秘的な風景の写真もあり 世界最大の二重カルデラ湖
  5. 十三湖を望む展望台ベスト 十三湖を望む展望台ベスト3~ 呑龍岳展望台・唐川城跡展望台
  6. 葦毛崎展望台と鮫角灯台~太平洋を一望できる映画のようなロケーショ…
  7. 青森・白神山地方面1泊2日の旅【旅行計画に】
  8. 八甲田山の地獄沼 八甲田山の地獄沼~温泉が湧き出ている緑色がかった池



旅の思い出をお聞かせください

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 高野山と南紀熊野三山 2泊3日の旅 (龍神温泉→熊野本宮→熊野速玉大社→神倉神社→那智の滝・那智大社→南紀勝浦 2日目-1)
  2. EOS-Kiss-X7のダブルズームキット~一眼レフ初心者でも簡単APS-Cデジカメ

PAGE TOP