山梨観光

身延山・久遠寺 スケールが大きく荘厳な日蓮宗の聖地


 スポンサーリンク


身延山・久遠寺(くおんじ)は、山梨県南巨摩郡身延町にある、日蓮宗の総本山の寺院になります。
鎌倉時代の1274年に、地元の鎌倉御家人・南部実長が、佐渡から鎌倉に戻った日蓮を招いたのがはじまりになります。
日蓮上人は、西谷に草庵を構えると、南無阿弥陀仏の日蓮宗の布教と、弟子の養育を行いました。
また、身延山をインドの霊鷲山に見立て、信仰の山としています。



1281年、 大坊が完成すると、日蓮上人は身延山妙法華院久遠寺と命名したとされます。
しかし、1282年、病気の療養のため常陸の温泉へと向かいましたが、途中、武蔵・の池上宗仲の邸宅にて日蓮は死去してしまいました。

以後も、身延山は日蓮宗では最高の聖地になっており、日蓮の遺骨は歴代の法主によって、守られてきました。

室町時代の1475年、11世法主・日朝のとき、手狭になった西谷から、久遠寺は現在地に伽藍が移されました。
戦国時代には、甲斐・武田家一族で筆頭とも言える甲斐・下山城主の穴山信君などから庇護を受け、門前町も発展しました。
1572年、武田信玄は身延山を城塞にしようと考えたようで、久遠寺に明け渡すように命じましたが、拒否されたため、身延山攻めを開始したようです。

実は、身延山の山頂にある「奥の院」を訪れた際に、なんでこんな山のてっぺんなのに、土塁が巡らされているのかな?と疑問に感じていたようですが、このように攻撃を受けそうになった模様です。

武田勢は早川のほうから攻め登ろうとしたようですが、七面山のほうから雲が湧き出て、早川が増水し、軍勢は押し流されたと言います。
武田勝頼も命を落としそうになり、武田信玄には、七面大明神が放った大矢を額に受けたとあります。
そのため、武田勢は躑躅ヶ崎館に撤退し、久遠寺と和睦すると、武田信玄は身延山・久遠寺を信仰し身延山・武井坊を祈願所にしたと伝わります。
と言うより、加藤清正を祀っている、身延山清正公堂さんのサイトにそのように明記されておりましたが、もちろん諸説あるようです。
実際、武田信玄筆の祈願状が、身延山宝物館には収蔵されているそうです。



江戸時代に入ると、日蓮宗は徳川家からも保護を受け、1712年には、133坊と久遠寺は最盛期を迎えました。
しかし、度重なる火災が相次ぎ、明治8年(1875年)1月には、伽藍や寺宝を焼き尽くしましたが、その後の復興を遂げています。

久遠寺の境内はとても広く、伽藍などの建物はみんな立派で圧倒されます。

これだけ大きな建物が多いと言う事は、信者の方もたくさんおられるのでしょう。

身延山の山頂には奥の院があり、身延山ロープウェイで登ることができます。
交通アクセスや駐車場など、詳しくは、身延山のページにてご確認賜りますと幸いです。

身延山 初めてでも失敗しない攻略法
日蓮とは

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

★元旅行会社勤務の私も驚きの価格にビックリ。
ほぼ毎月利用しています。例えば東京発25000円で松山1泊旅行に行けました。(^^)
レンタカーやオプションも激安です。
一度、比較してみてください。
JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー



 スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 新府城から天目山の戦いまで武田勝頼一行の足跡を辿る山梨史跡巡り
  2. 猿橋【桂川の渓谷に掛かる日本三奇橋】
  3. 四尾連湖 標高880mの神秘的な湖と紅葉
  4. 金櫻神社(金桜神社)~甲斐で風水パワー最強の金運アップの神社?
  5. 高遠城から八王子まで松姫の足跡を辿る史跡巡り
  6. 甲府信玄公祭り 遠方からの攻略法・駐車場・アクセス・場所取り
  7. 身延山 初めてでも失敗しない攻略法 日蓮上人の聖地
  8. 笹子峠の矢立ての杉・笹子隧道・駒飼宿本陣跡~マイナー史跡もたまに…

旅の思い出をどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 佐渡・根本寺 日蓮上人にゆかりある霊跡【佐渡観光】
  2. 諏訪・信州 城攻め紀行 2-2 松代城 (海津城)

PAGE TOP