九州観光

熊本「阿蘇山」ライブカメラ・生中継情報 2019年4月16日小規模噴火 噴火警戒レベル2

阿蘇山噴火ライブカメラ



九州中部・熊本県の阿蘇山(あそさん)が噴火が発生致しました。

阿蘇山は、最高峰の高岳(標高1592m)、中岳(1506m)、根子岳(1408m)、烏帽子岳(1337m)、杵島岳(1270m)といった阿蘇五岳にどで構成されている山の総称が阿蘇山と言う事になりすま。
その周りにある外輪山は南北25km、東西18kmに及ぶ、広大な阿蘇カルデラの中に、阿蘇山があります。

阿蘇山の噴火情報・噴火状態と、噴煙などのライブカメラ(生中継動画)のリンク集などをまとめて記載しておきます。
観光や旅行中の情報収集にお役立て頂けますと幸いです。
新しい情報が入り次第、適時「更新」して情報を追加させて頂きます。

最新情報

2019年4月16日、18時28分頃、阿蘇山での噴火を気象庁が観測しました。
そのため、噴火速報が発表されています。
噴火警戒レベルは2です。

噴煙は中岳付近より約200m上がったと言う事で、半径1km以内では噴石や火砕流などへの警戒が必要だとの事です。
噴煙が200mほどとの事ですので、ごく小規模な噴火と考えられます。

阿蘇山では、2019年4月14日13時30分頃から火山性微動の振幅がやや大きくなり、二酸化硫黄の放出量も多い状態が継続していることから、気象庁は4月14日に、阿蘇山の噴火警戒レベルを1から2に引き上げていました。

ライブカメラ

阿蘇山のライブカメラ情報は下記です。
カメラ映像は夜間ですとまっくらで何もわからないと思いますので、念の為、ご確認申し上げます。

阿蘇火山博物館・草千里より、RKKライブカメラの映像です。

下記は、FNN.jpプライムオンラインの生中継画像です。

阿蘇山がある場所は下記の地点です。

阿蘇山噴火の歴史

阿蘇山では古くは600万年前からの火山活動が確認されています。
もっとも、大きかったのは、約9万年前の大噴火です。
火砕流は九州中央部から海を越えて、山口県秋吉台まで達し、たくさんの動植物、人類も被害に遭いました。
火山灰は北海道や朝鮮半島にも到達しています。

最近では、2016年10月8日に噴火が発生し、噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げられていました。

なお、今の所、被害などは発生していないようですが、今後も被害が発生しないことをお祈り申し上げる次第です。
また、早く終息して、阿蘇ロープウェイの代行バスなど再開され、観光にも営業が出ないことを願うばかりです。

阿蘇山のドライブスポット景観ベスト5 草千里・大観峰・長者原など
霧島「硫黄山」ライブカメラ・生中継情報
浅間山 噴火ライブカメラ 最新情報
霧島山・新燃岳(しんもえだけ)のライブカメラ・生中継情報
口永良部島 噴火ライブカメラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 天草四郎ミュージアム 天草四郎ミュージアムとは
  2. 九重夢大吊橋 九重夢大吊橋 雄大な眺めが待っている日本一高い歩行者専用橋のつり…
  3. 鵜戸神宮 鵜戸神宮 亀石の穴に投げる運玉もある太古からの信仰 初詣も
  4. 大分出張の行程記録~中途半端な2泊3日も内容は充実
  5. 玉垂の滝 玉垂の滝【高千穂峡の見どころ】
  6. 長崎の島原半島出張の行程記録
  7. 雲仙地獄めぐり~噴気漂う雲仙温泉の楽しみ方(雨天編)
  8. 龍門滝のみどころ観光情報~龍門司坂や金山橋も含めた完全攻略法



旅の思い出をお聞かせください

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 身延山・久遠寺 スケールが大きく荘厳な日蓮宗の聖地 身延山・久遠寺
  2. 通天閣を初めて楽しむ方法~大坂の定番スポットで失敗しない方法

PAGE TOP