愛知観光

くらがり渓谷「不動の滝」のちょこっと解説(愛知県岡崎市)

くらがり渓谷「不動の滝」

スポンサーリンク



くらがり渓谷「不動の滝」

くらがり渓谷「不動の滝」は愛知県岡崎市石原町牧原日影にある滝。
落差7mほどの滝であるが、くらがり渓谷の入口にある有料駐車場のわきにあるため訪れやすい。
駐車場から川に入る遊歩道をちょっと歩くと眼下に見えて来る。

くらがり渓谷「不動の滝」

ただし、その遊歩道から不動の滝がよく見える場所までは道がなく、崖を少しだけ降りて行くような感じとなり、女性だとちょっと躊躇するであろう。

なお、乙川の上流部となる「くらがり渓谷」じたいは長さ4kmほどと結構範囲が広いようで、第1景から8景にあたる幻の滝までは徒歩60分以上かかる。
もっと上流などでは紅葉も素晴らしいようだが、ちなみに漢字では「闇刈」と書く。
キャンプ場やバーベキューなどの施設もある。

例によって写真では滝の様子がよくわからない。
短い動画も撮影したのでよければご高覧賜りたい。

くらがり渓谷の紅葉時期は11月中旬~12月上旬。

なお、くらがり渓谷は県立自然公園内にあるため。キャンプ場など指定された場所でしかBBQや釣りはできませんのでご注意を。

交通アクセス

クルマでのアクセスは、大きな看板も掲げられているので迷うことはないだろう。
第1駐車場(300台)にトイレもある。

バスの場合名鉄・本宿駅から名鉄バスに乗車し、終点のくらがり渓谷まで所要35分。


スポンサーリンク



駐車場の入口は当方のオリジナル地図「名古屋・北陸方面」にてポイントしている。
オリジナル地図「名古屋・北陸」方面
スマホ画面などで表示して「検索窓」から検索して、カーナビ設定することでも使用可能。(徒歩ナビとしても可能)

カクキュー八丁味噌「岡崎・八丁味噌の郷」今川家の家臣が江戸時代初期に創業した八丁味噌の歴史


スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 岡崎城・足助城・野田城~東海地方4泊5日貧乏旅行(4-1)
  2. 明智光秀ゆかりの史跡一覧リスト 明智光秀「ゆかりの地」岐阜・近江・丹波など史跡一覧リスト20選厳…
  3. 新東名「長篠設楽原PA」は戦国時代をコンセプトにした個性ある施設…
  4. カクキュー八丁味噌 カクキュー八丁味噌「岡崎・八丁味噌の郷」今川家の家臣が江戸時代初…
  5. 吉田城から熱田神宮~東海地方4泊5日貧乏旅行(2-1)
  6. 豊川稲荷・長篠城・二俣城~東海地方4泊5日貧乏旅行(5-1)最終…
  7. 鳳来寺 鳳来寺と鳳来山東照宮~井伊直政も見た壮麗的な遠江の景色
  8. 清洲城・墨俣城・岐阜城~東海地方4泊5日貧乏旅行(2-2)

スポンサーリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link


スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 多摩の新選組ゆかりの地を効率よく周る方法1泊2日編
  2. 知覧の見どころ観光スポット~知覧武家屋敷と知覧特攻平和会館
PAGE TOP