多摩観光

払沢の滝 (東京都檜原村) 日本の滝百選 無料駐車場・遊歩道も完備

払沢の滝 広徳寺

 スポンサーリンク


払沢の滝(ほっさわのたき)

日本の滝百選にも選ばれている檜原村の滝を代表する名瀑。道路から滝壺まで徒歩約15分で、遊歩道も整備されており、家族連れでも気軽に訪れる事ができるし、そんなに急な坂もないので高齢者でも無理しなくて済む。
マイナスイオンが豊富な林間・滝なので、とにかく気持ち良い。
川の水も地元住民の水源地と言う事もあり、とてもキレイ。
滝に到着すると、そこから見えるのは最下段26mの落ち込みだけであるが、実際は62mの4段の滝なのだ。

滝壺の深い淵はとても神秘的で、古くから大蛇が住むと伝えられてた厳冬期には滝が凍結するが、最近は温暖化で凍結しない年もあるらしい。
遊歩道の途中にはお土産物店2つ有。
ここでは秘密を明かさないが「双眼鏡」も持参することをお勧めしたい。
払沢の滝入口バス停、払沢の滝村営駐車場(無料)より、渓流沿いの遊歩道をのんびり歩いて約15分。
四季の里前にある駐車場に止めたくなるが、更に先に進んだ場所にある駐車場が便利。
駐車場には新しいトイレもあるが、紙が切れている場合有。


スポンサーリンク

北秋川渓谷遊歩道

払沢の滝の近くにある、四季の里の反対側(いっぷく亭の脇)から階段を下がると、北秋川沿いの遊歩道を散策できる。
途中、河原に降りることもできるので、河原で水遊びもできるのだが、紅葉の時期は寒い。
ずっと進むと、「やすらぎの里」まで遊歩道は繋がっているので、運転手のお父さんは、車を回送させて、ゴール地点から遊歩道を逆に進み、途中で家族と合流しても良い。

近くの日帰り温泉施設

寒くて冷えた体を暖めるにも秋深い時期には温泉にも寄りたい。
払沢の滝から近い日帰り温泉は「瀬音の湯」だがここは人気なので混雑注意。奥多摩・山梨方面なら「数馬の湯」がある。
ちょっとドライブがてらと言うのであれば「日の出つるつる温泉」。東京方面なら圏央道の日の出ICからも近い「阿伎留の四季」もあるが、ここは温泉未使用。
多少紅葉の時期は温泉にも訪れる方が多いので混雑気味。
いずれも、タオルとバスタオルは持参しよう。

今回の行程

廣徳寺(広徳寺) → 払沢の滝 → 北秋川渓谷 → 日帰り温泉入浴

昼食

お弁当持参であれば、途中、秋川に降りてお弁当を広げるのも良いが、なにせ紅葉の時期(11月下旬)ともなると、寒い・・。
そのため、上記行程であれば、払沢の滝の近くにある、四季の里(駐車場有)または、いっぷく亭で食事するのがベスト。

あきる野市の隠れた名所「広徳寺の紅葉」も合わせてご覧願います

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

★元旅行会社勤務の私も驚きの価格にビックリ。
ほぼ毎月利用しています。例えば東京発25000円で松山1泊旅行に行けました。(^^)
レンタカーやオプションも激安です。
一度、比較してみてください。
JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー



 スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 高遠城から八王子まで松姫の足跡を辿る史跡巡り
  2. サントリーのビール工場見学 サントリーのビール工場見学ビールを楽しもう~ビール醸造・蒸留を無…
  3. 多摩の新選組ゆかりの地を効率よく周る方法1泊2日編
  4. 新選組ふるさと歴史館と日野本陣・日野宿交流館
  5. 払沢の滝 広徳寺 広徳寺の紅葉 (東京都あきる野市) 隠れた紅葉の名所
  6. 横田基地祭「日米友好祭」 横田基地祭「日米友好祭」無料イベントで非日常アメリカスタイルを楽…
  7. サンリオピューロランド サンリオ ピューロランド【初めての攻略法】あると便利な持ち物など…
  8. 深大寺のパワースポットを気軽に散策 初詣も

旅の思い出をお聞かせください

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Rakuten-Link

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 新横浜駅 新幹線改札 横浜市内の乗車券 乗り継ぎ
  2. 神武天皇が東征に出発した宮崎の美々津 立磐神社

PAGE TOP