北海道観光

層雲峡「大函」「小函」切り立った断崖と石狩川

大函

スポンサーリンク



目次 contents

層雲峡(そううんきょう)は、北海道上川町の大雪山国立公園にある渓谷で、観光名所になっています。
1921年(大正10年)に訪問した歌人・大町桂月が名付けました。
層雲峡を流れる川は「石狩川」で、約3万年前に噴火した大雪山からの溶結凝灰岩が、川によって浸食されて、約20kmに渡り形成された渓谷で、高さ200m前後の柱状節理の断崖が生成されています。
層雲峡の見どころとしては「大函」「小函」と「流星の滝」「銀河の滝」があります。

大函

大函(おおばこ)には無料の駐車場(約50台)があります。
かつては、土産物店もありましたが、現在はトイレのみとなっているようです。
しかし、見事の景観を楽しめます。
※トイレは、閉鎖されている場合もあります。

層雲峡「大函」

層雲峡の温泉街からは、約8kmありますので、徒歩では時間が掛かりますが、サイクリングロードは整備されています。
レンタサイクルで行くのも良いですが、行きは、ダラダラと続く、登り坂となります。
大函の見学所要時間は約10分です。
駐車場の入口は、当方のオリジナル北海道観光地図にてポイントしておきますので、カーナビ代わりにご活用賜りますと幸いです。
※トンネル内は、GPSが効かないので、ご注意願います。

層雲峡「大函」

層雲峡の大函は、駐車場付近からの展望のみで、散策ができるようなコースはありません。
下記は大函の鉄橋(旧国道)で、今は使われておらず、閉鎖されています。

大函の鉄橋

下記は、小函のご紹介になります。

小函

小函(こばこ)は、約160メートルの高さがある絶壁で、かつて観光できましたが、落石などの危険があるため、だいぶ前から立入禁止になっており、遊歩道も閉鎖されているため、事実上、観光は不可能です。
また、車窓から見れた国道も、3名が死亡した落石事故などもあったことから、だいぶ「トンネル化」されてしまいました。
なお「函」とはアイヌ語で「シュオプ」と言うようでして、両側の崖が立っている地形の意味があるそうです。
ちなみに、小箱の風景は、下記のような感じでした。

小函

現在は、上記の小函へは立入禁止のため、いけません。
箱根の大涌谷ロープウェイのように、立入禁止でしたら、落石に関係が無い、何か、ロープウェイのゴンドラでも開通させて「空中散歩」でもできるようになると、うれしいのですが、国立公園で自然保護もありますので、難しいところです。

銀河・流星の滝の滝と、セットでどうぞ。

層雲峡「銀河・流星の滝」2つの滝が並んでいる観光名所
層雲峡温泉「層雲峡観光ホテル」~層雲峡に泊るなら常に進化している温泉宿が良い
層雲峡ロープウェイ(大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ) 標高1300mへの空中散歩
北海道「源泉かけ流し温泉」の旅館一覧リスト
北海道観光地巡り用「北海道観光オリジナルGoogleマップ」


スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. オシンコシンの滝 オシンコシンの滝・三段の滝・遠音別川鮭魚溯上觀覽設施は一見の価値…
  2. 900草原展望台 900草原展望台~北海道ならではの風景がある広大な牧草地
  3. 北方民族博物館 北方民族博物館~雨の日にも最適な網走観光スポット
  4. 箱館戦争で戦死した土方歳三の函館足跡8箇所+αを訪ねる方法
  5. 鰊御殿 鰊御殿(ニシンゴテン)とは? 便利な駐車場を解説【小樽観光】
  6. 銀河・流星の滝 層雲峡「銀河・流星の滝」2つの滝が並んでいる観光名所
  7. 札幌大倉山展望台 札幌大倉山展望台「大倉山ジャンプ競技場」札幌を一望できる穴場スポ…
  8. 開陽台 開陽台~眼下に広がる草原の地平線が見れる展望台

スポンサーリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link


スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 大宮の鉄道博物館~攻略法と駐車場 雰囲気が分かる写真集60枚【動画もあり】
  2. 馬籠宿のみどころ解説 ノスタルジーな江戸時代を歩く 馬籠宿
PAGE TOP