北海道観光

旭山動物園 (旭川の動物園)  はじめて攻略法 割引チケット・所要時間・ランチなど

旭山動物園



旭川市旭山動物園(あさひかわしあさひやまどうぶつえん)は、北海道旭川市が運営する人気の動物園です。
まず、簡単に旭山動物園の概要をご紹介しますと、1967年に開園した公共の動物園です。
広い敷地の中に107種類、約610もの動物が展示されています。
特に、動物の行動や生活が見れる「行動展示」を主体と工夫されているため、公共の動物園としては異例の人気を博しており、観光客もたくさん訪れる日本を代表するような動物園になっています。



動物がエサを食べるところを見学できる「もぐもぐタイム」や「夜の動物園」も人気です。
坂や階段も多く、アップダウンが結構あり、更に動物園は広いので、全部見て回りますと3時間以上は必要です。

旭山動物園

旭山動物園の入園口は「正門」「西門」「東門」の3カ所になっています。

旭山動物園の入園口

そのうち、バスの乗り降りで近いのは「正門」になります。
大きな駐車場が充実しているのは「東門」ですので、クルマの場合には東門が良いかと存じます。
ただし、東門は標高が高い部分にあるため、自動車の場合、冬季は「西門」が良いでしょう。

旭山動物園

入園しましたら、まず最初に「もぐもぐタイム」の時間表をゲットしましょう。
公式サイトでもスケジュールが見れますので、お目当ての動物がいましたら、時間を合わせてみてください。

旭山動物園

「かば館」「きりん舎」(正門・西門付近)
「ぺんぎん館」(冬季に積雪している場合、雪の上をペンギンが歩く「ペンギンの散歩」が見れます。)
「あざらし館」
「ほっきょくぐま館」
「くもざる・かぴばら館」

旭山動物園

混雑することが多いのは「ほっきょくぐま館」「あざらし館」「ぺんぎん館」です。

旭山動物園

比較的すいている時間に見学したい場合には、やはり、開園時間に合わせて入園できると良いです。

旭山動物園

ランチ・昼食ですが、園内には「お弁当」の持ち込みが可能で休憩所もあります。
また、ビニールシートなどを敷いてピクニックすることも可能です。

旭山動物園

レストランは、西門・東門・しろくま館の近くにあり、最大規模なのは「ガーデンテラスライオン・旭川動物園東門店」です。
洋食プレートが1400円~1800円程度で、食事内容としては、一番しっかりしたレストランになっており、ドリンクはおかわり自由です。

旭山動物園

大雪地ビールが運営する「ZOOショップ&キッチンCoCoLo」は正門付近にあります。カレー600円、ラーメン650円程度。
あざらし館の横には、厚友会が運営する「旭山動物園中央食堂」があり、うどん・そばが620円、カレーライス600円程度です。
西門付近には、谷口農場の「FarmZoo」がありますが、小さいです。

旭山動物園

旭川の旭山動物園の入園料ですが、クーポンや割引になるチケットや方法は、ありません。
JAF割引もありません。

旭山動物園

JR北海道で札幌駅から鉄道を利用して訪れるのであれば「旭山動物園きっぷ」と言う、旭川までの往復特急・普通車自由席+旭山動物園の入園利用券+バス券がセットにし企画キップが、駅の券売機で購入可能です。
動物園の入園窓口で、入園券への引換も不要で、そのまま入園できますので、混雑時でもスムーズに入場できます。



旭山動物園への行き方・交通アクセスですが、電車・バスの場合には下記の通りです。
電車の場合、JR旭川駅から、バス利用となりますが、バスの本数は多いです。
旭川駅・旭川空港からバスの所要時間は約40分の距離となりますので、結構あります。
札幌駅からの場合、旭川までの往復特急・普通車自由席+旭山動物園の入園利用券+バス券をセットにしたJR北海道のおトクな「旭山動物園きっぷ」が割引もありお得です。
なお、自由席特急の料金のため、そのままでは指定席は使えませんが、別途「座席指定席料金券」(片道530円?)を購入することで、特急の指定席も使えます。
あとは、札幌駅前ターミナルから定期観光バス「旭山動物園日帰りコース」も便利ですが、事前予約制となります。

駐車場は、動物園が設置している駐車場は無料です。
しかし、入口に近い場所などの駐車場は民間駐車場で、1回500円など有料となります。

三笠鉄道村(三笠鉄道記念館) 北海道の鉄道発祥の地
旭川の神居古潭「カムイコタン」アイヌのパワースポット
北海道観光地巡り用「北海道観光オリジナルGoogleマップ」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 開陽台 開陽台~眼下に広がる草原の地平線が見れる展望台
  2. 藻琴山展望台から屈斜路湖 藻琴山展望台~藻琴山展望駐車公園から屈斜路湖を望む
  3. 函館山からの夜景 函館の夜景「攻略法」~函館山へのアクセスを徹底解説 駐車場混雑回…
  4. 養老牛温泉「からまつの湯」 大自然の中の混浴露天風呂「からまつの湯」養老牛温泉
  5. 網走監獄 博物館「網走監獄」~一見の価値がある残酷な監獄と監獄食?
  6. 北西の丘 展望公園 北西の丘 展望公園 雄大な美瑛の景色を望める場所【北海道】
  7. マイルドセブンの丘 マイルドセブンの丘とは? 場所や風情を事前にチェック【北海道・美…
  8. 北方民族博物館 北方民族博物館~雨の日にも最適な網走観光スポット



旅の思い出をお聞かせください

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 龍泉洞 ドラゴンブルーと呼ばれる透き通った地底湖と神秘的な空間 龍泉新洞も
  2. 広島の戦国時代史跡を周る1泊2日旅の記録~大三島なども

PAGE TOP