中国地方観光

稲佐の浜の解説【出雲】夕日の名所 駐車場入口など

稲佐の浜

スポンサーリンク



稲佐の浜(いなさのはま)は、島根県出雲市大社町にあり、日本海に面した砂浜で、白砂青松の景観は美しく、日本の渚百選(渚100選)にも選ばれています。
出雲大社の西方1kmにある海岸で、日本書紀などに登場する、国譲り神話の舞台です。
稲佐の浜では、旧暦10月10日に、全国の八百万の神々をお迎えする浜で「神迎祭」が執り行われます。
日本全国の神さまが出雲に集まって、男女の縁、仕事の縁、お金の縁などを決める「神議り」(かみはかり)」という会議が開かれるとの事です。
太古の昔は、陸上の道路は発達していないので、各地の領主のみんなは「船」に乗って、出雲にやってきたと言う事ですね。
神迎祭の開催日は、毎年異なりますので、出雲大社の公式サイトで、チェックすると良いです。


スポンサーリンク



稲佐の浜には、ひときわ目立つ丸い島「弁天島」があり、豊玉毘古命(とよたまひこのみこと)が祀られています。
古くは「沖御前」といい、もっと、遥か沖に島があったと伝わります。
夕日が沈む時間には、弁天島がシルエットなる風景が有名で、「日が沈む聖地出雲」のシンボルとして、日本遺産にも登録されています。

稲佐の浜

遠浅の海の為、夏には海水浴場にもなりますが、ドラクエ・ウォークのお土産ランドマークにもなっています。


スポンサーリンク



稲佐の浜への交通アクセス・行き方ですが、JR出雲市駅より、一畑バスの「日御碕線」に乗車して、所要約30分、「稲佐の浜」バス停下車して、徒歩0分ですが、バスの本数は少ないです。
一畑電鉄の出雲大社前駅から歩いて20分のほうが無難と言えます。
出雲大社から歩くと15分くらいです。
駐車場は、無料駐車場があり、トイレも完備されていますが、夏季は海水浴で満車気味です。
なお、駐車場の入口(当方のオリジナル地図でもポイントしています)が、少し狭い(わかりにくい)ので、減速して入る必要があるため、早めにウインカーを出したいところです。

時間があれば、屏風岩と、セットでどうぞ。

出雲神話「屏風岩」
出雲御陵温泉・湖畔の温泉宿「くにびき」(出雲大社までクルマで20分)
出雲大社【正しい参拝方法】解説 ご祈祷情報も
山陽・山陰の史跡や城跡めぐりに便利な地図


スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 琴ヶ浜 琴ヶ浜「鳴き砂」 (島根県大田市) 平家の娘伝説
  2. 錦帯橋~木造五連アーチで日本三名橋とされる名勝の観光情報
  3. 不動院岩屋堂 不動院岩屋堂~鳥取郊外の岩窟の中にあるお寺でまさに穴場スポット
  4. 出雲・稲生神社 出雲・稲生神社【朱塗り鳥居の参道と一畑電鉄】
  5. 五百羅漢 (石見銀山) 羅漢寺 五百羅漢 (石見銀山) 羅漢寺【世界遺産】
  6. 明王院 (福山市) 明王院 (福山市)  国宝の本堂と五重塔 福山の観光名所
  7. たけはら町並み保存地区 たけはら町並み保存地区【広島県竹原市】ノスタルジー溢れる町並み
  8. 広島の戦国時代史跡を周る1泊2日旅の記録~大三島なども

スポンサーリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link

【PR】

スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 西山荘「水戸黄門が隠居生活した静かな西山御殿」 西山荘
  2. 相原の諏訪神社(東京都町田市)
【PR】
PAGE TOP