北海道観光

洞爺湖の「中島」に上陸 散策するポイント

洞爺湖

スポンサーリンク



洞爺湖(とうやこ)は、北海道洞爺湖町と壮瞥町にまたがる周囲約43km、最深約179mの円形のカルデラ湖で、その真ん中に「中島」があります。
洞爺湖じたいは、約11万4千年前に噴火してできた湖ですが、湖の真ん中に大小4つの島があります。
その島は、約5万年前に噴火した「溶岩ドーム」と火砕丘の集まりで、湖底にある火山の山を合わせると11の火山体があるそうです。
ちなみに、有珠山は、約2万年前に噴火して誕生した火山となります。


スポンサーリンク



4つの島は、大島・観音島・弁天島・饅頭島と名前がありますが、その全部の総称として「中島」と呼びます。
中島は山になっていて、トーノシケヌプリと言う最高峰は標高455mになります。

洞爺湖の「中島」

中島には、洞爺湖温泉から出ている洞爺湖遊覧船で渡ることが出来ます。
洞爺湖遊覧船は、湖を一周するのではなく、中島との往復便になっています。
中島までは、約20分間のクルージングとなります。

洞爺湖遊覧船

中島の桟橋付近は、洞爺湖の湖畔になりますが、水はとてもキレイです。
4K動画でも撮影してみました。

砂浜のようなところもあり、夏場、子供は水遊びも可能ですので、タオル・着替えを持参したいところです。

洞爺湖・中島

山への登山は禁止されていますので、できませんが、中島の一部は「ハイキングコース」としてきちんと整備されています。

洞爺湖・中島

中島は大自然が残っている大きな島ですが、一部が遊歩道(フットパス)になっており、自然のエゾ鹿や白鳥、野生のリスなどに出合えるところなのです。

洞爺湖・中島

ただ、エゾシカは400頭もいましたが、増えすぎてエサ不足に陥り、その後、頭数を減らしたようで、現在は20頭ほどだと言います。

洞爺湖の中島ハイキング

そのため、シカを見かけるチャンスは、今では少ないようです。

洞爺湖の中島ハイキング

中島の入園料は200円で、洞爺湖森林博物館などの展示もありますが、入山は15時までとなっています。
昼間は係員さんがいますが、夜間は無人になる無人島で、島内にてキャンプなど宿泊することは禁止されているようです。

洞爺湖の中島

入山時には、中島の売店または博物館にて入山の届け出をして、下山したら必ず連絡するルールになっています。
届け出と申しまして、台帳に名前・人数・携帯電話番号を記入するだけと簡単なものです。

洞爺湖森林博物館

この手続きを行っておくことで、天候不良などで、遊覧船が最終便を待たずに、途中の便で船が欠航になる際など、電話で教えてもらえます。

洞爺湖遊覧船

そのような船の時間の関係で、中島で下船すると、次の船は30分後になります。
そのため、少なくとも14時くらいの船に洞爺湖温泉側から遊覧船に乗らないと、中島での散策不可能です。
午前中などからであれば、ゆっくり滞在して1時間後、2時間後でも、船が最終でなければ、何時間でも中島に滞在可能です。

中島ジンギスカンのお店にて、そば・うどんも提供されていますので、昼食・ランチも取れます。

洞爺湖の中島ハイキング

ただし、中島は冬期閉鎖されます。
そのため、中島に下船できるのは4月下旬~10月末日までとなります。

洞爺湖の中島ハイキング

危険なところはありませんが、虫対策と、靴はスニーカーが良いと思います。


スポンサーリンク



中島の見学所要時間ですが、単純に30分後の船に乗るのであれば、約80分となります。
中島の散策コースを1周する場合には+60分で、合計140分必要です。
最奥部の場所まで行く場合には、合計300分(5時間)あると良いため、朝1便など午前中の早い時間に渡りたいところです。
洞爺湖汽船は夏場、朝8時30分から運航しています。

洞爺湖観光船に関しては、下記にて詳しくご紹介していますので、あわせてご確認賜りますと幸いです。

洞爺湖遊覧船 洞爺湖のカモメと洞爺ブルーの楽しみ方
昭和新山 国の特別天然記念物である火山とは?
有珠山ロープウェイ 洞爺湖有珠山ジオパークの大自然


スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 箱館戦争で戦死した土方歳三の函館足跡8箇所+αを訪ねる方法
  2. 松前城 松前城の見どころ~北海道で唯一の日本式城郭
  3. 函館山からの夜景 函館の夜景「攻略法」~函館山へのアクセスを徹底解説 駐車場混雑回…
  4. 白い恋人パーク 白い恋人パーク わかりにくい駐車場解説とお得な利用法
  5. 大湯沼 (登別大湯沼) 大湯沼 (登別大湯沼) 奥の湯 ダイナミックな噴火口
  6. 旭岳 旭岳のみどころ 旭岳ロープウェイ(大雪山旭岳ロープウェイ) 日本…
  7. 神居古潭駅 旭川の神居古潭「カムイコタン」アイヌのパワースポット
  8. 神の子池 神の子池を見に行こう~ 静かな森の中に神秘的な空間 アクセス方法…

スポンサーリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link

【PR】

スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 知床斜里「天に続く道」一度は見ておきたい斜里町の絶景ルート 天に続く道
  2. 阿蘇神社~神話の2300年前から存在する阿蘇山の守り神 阿蘇神社
【PR】
PAGE TOP