北海道

立待岬と啄木小公園~函館での石川啄木ゆかりの地


 スポンサーリンク


北海道の函館には、石川啄木ゆかりの観光地も複数あります。

石川啄木は貧困の中、家族を残して函館に赴くと弥生尋常小学校の代用教員となりました。
元町公園からもほど近い、函館市立弥生小学校です。
当時の児童は1100人いたと言い、明治半ばの函館は、東京より以北で最も人口の多い近代都市だったのです。
その後、昭和には2000名いた小学生も、近年では120名ほどとなり、統廃合もささやかれているようです。
それはさておき、函館における石川啄木関連の史跡・観光スポットは下記の通りになります。


 スポンサーリンク

啄木小公園

22歳頃の石川啄木が函館に滞在していたのは僅か4ヶ月(132日間)ですが、気に入った大森浜と砂山の歌を詠んでいます。

その縁もあり、1958年(昭和33年)、大森浜沿いに「啄木小公園」が整備されています。
青年時代に啄木の詩に触れ感銘を受けた本郷新作の作による「石川啄木の銅像」が設置されました。
台座には「潮かおる北の浜辺の砂山のかの浜薔薇(はまなす)よ今年も咲けるや」と、石川啄木の歌が刻まれています。

現在は5台ほど止められる無料駐車場も増設されていますので、気軽に立ち寄れるようになっています。

すぐ隣には「土方歳三函館記念館~土方・啄木浪漫館」もあります。

立待岬

立待岬(たちまちみさき)は函館山の南端に突き出た岬で、晴れていれば津軽海峡をはさんで下北・津軽半島も望む景観が素晴らしいポイントです。

亡くなるまで面倒を見ていた宮崎郁雨らが、大森浜を望むこの地に「石川啄木一族の墓」を建立しました。

歌集「一握の砂」に収められた「東海の小島の礒の白砂に/われ泣きぬれて/蟹とたはむる」の歌が刻まれていると言います。

時間がある方は、行きだけ函館山ロープウェイにて函館山に登り、ハイキングがてら立待岬へと降りて来る登山道もありますよ。

風が強いと、帽子など吹っ飛んでしまいますので、ご注意を。

アクセス・行き方ですが、函館市電の終点「谷地頭」停留所から歩くと、約20分ほどですが、ちょっと上り坂となります。
クルマの場合には無料駐車場が40台あり、気軽に訪れることができます。
当方のオリジナルGogoleマップにてご確認願えますと幸いです。

石川啄木って何をしていた人物? 函館・立待岬との関係も
五稜郭タワーや五稜郭に一番近い駐車場は? 函館観光名所の攻略法
函館の地名の由来にもなった宇須岸館と河野政通~函館南部陣屋も
函館観光の名所トラピスチヌ修道院~赤レンガ倉庫など6箇所
函館に泊まるのであれば土方歳三も入浴した「湯の川温泉」はいかがですか?
しかべ間欠泉で迫力ある地球の営みを体感
土方歳三の関連史跡巡り用「北海道観光オリジナルGoogleマップ」

コメント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

★元旅行会社勤務の私も驚きの価格にビックリ。
ほぼ毎月利用しています。例えば東京発25000円で松山1泊旅行に行けました。(^^)
レンタカーやオプションも激安です。
一度、比較してみてください。
JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー



 スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 松前城の見どころ~北海道で唯一の日本式城郭
  2. 箱館丸とは~日本最初の洋式商用帆船【函館の名所】
  3. ラッキーピエロの人気ハンバーガーはさすがにおいしい~函館名物ラン…
  4. 藻琴山展望台~藻琴山展望駐車公園から屈斜路湖を望む
  5. 朝日ヶ丘公園展望台~これぞ北海道と言う360度大パノラマ
  6. 知床斜里「天に続く道」一度は見ておきたい斜里町の絶景ルート
  7. 知床五湖と知床連山~自然の偉大さを感じられる世界自然遺産知床随一…
  8. 北海道一周旅行 レンタカーなど自動車で周る行程の作り方

Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 明治神宮の初詣~混雑回避するお参り方法はこれ(^_^)
  2. 三渓園の楽しみ方~単なる庭園ではない歴史的建物が豊富な横浜本牧の観光名所

PAGE TOP