東京

東京スカイツリーの駐車場情報 ちょっとでも安い駐車場に止めよう


 スポンサーリンク


東京スカイツリーの駐車場は、東京ソラマチの地下駐車場・立体駐車場があります。
3000円以上の買い物で1時間無料、5000円以上の買い物で2時間無料です。
しかし、東京スカイツリーへの入場での割引・無料対応は一切ありませんので、特に買い物しない場合には、30分350円の駐車料金が掛かります。
仮にすいていて約2時間で戻ったとした場合、1400円の駐車料金が掛かる計算です。
混雑していて、東京スカイツリーに何時間も入れなかった場合、例えば合計4時間掛かったとしたら、2800円もの駐車料金が必要となってしまいます。高いですね。

よって、土日祝などスカイツリーが混雑しそうな場合には、私は、東京ソラマチの駐車場ではなく、周辺の100円パーキングに止めるようにしています。
お勧めの駐車場所は下記です。

タイムズ本所第5

地図の北側がスカイツリーです。
「ちょっと離れているではないか」とお思いになられるかと存じますが、実はこのくらいの方が良いのです。
理由としては、直接、ソラマチの駐車場に入れては、ちょっと離れたところから、スカイツリーを充分に眺めないまま、着いてしまいますよね。
でも、このくらい離れた駐車場に車を止めてから歩くことで、離れたところからすごく高いスカイツリーが見え、歩いて行くにつれ近づき「スカイツリーに来た」と言う実感がより増して印象に残るものなのです。

この駐車場から北に延びる「親水公園」を歩いて行く途中かせも東京スカイツリーが見えます。
また、ちっょとした遊具もありますので、子供も喜びます。もちろん、トイレもありますしね。


スポンサーリンク

と言う事で、ちょっと離れた安い駐車場に止めて東京スカイツリーに行くのはいかがでしょうか?

さて、スカイツリーの足元を流れる川(運河)は「北十間川」ですが、この川では過去に大変残念な出来事もありました。
太平洋戦争末期の1945年3月10日の「東京大空襲」です。
アメリカ空軍は、わざわざ風が強い日を選んで、325機の爆撃機B-29を低空で東京上空に進入させ、38万1300発もの焼夷弾を落としました。

もともと、スカイツリーの場所は東武鉄道の貨物操車場で、車両120両が消失し東武本社も燃えました。
そして、スカイツリーのすぐ下を流れる「北十間川」周りの道路は黒こげの遺体の山。そして、川の水面も大人から子供まで多くの遺体で折り重なったのです。
今は、そんな橋の上からスマホでスカイツリーを撮影する観光客も多数いますが、約70年前には赤ちゃんから老人までたくさんの人が命を落とした過去があると言う事も、ちょっと心の隅にでも置いて、今の平和に感謝しつつ観光して頂けると良いのではと存じます。

江戸東京博物館はあなどれない~東京の江戸時代や明治の屋内テーマパーク
東京の幕末・戦国史跡巡りに便利な独自Googleマップ

コメント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

★元旅行会社勤務の私も驚きの価格にビックリ。
ほぼ毎月利用しています。例えば東京発25000円で松山1泊旅行に行けました。(^^)
レンタカーやオプションも激安です。
一度、比較してみてください。
JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー



 スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 東京サマーランド【攻略情報】混雑状況・裏技・持ち物情報2017年…
  2. 松陰神社【東京都】吉田松陰の墓への行き方
  3. サンリオ ピューロランド【攻略法】あると便利な持ち物
  4. 明治神宮の初詣~混雑回避するお参り方法はこれ(^_^)
  5. 羽田空港のパーキング混雑満車回避はこれしかない~羽田空港駐車場「…
  6. 遊園地としまえんの楽しみ方と簡単攻略情報~夏のプールお得な豊島園…
  7. キッザニア東京【攻略情報】何時からどこに並べば良いの? 駐車場は…
  8. 東京ドームシティーの「アトラクションズ」遊園地の簡単攻略法と穴場…

Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 松山城の天守内部写真と松山城からの展望
  2. 書写山円教寺(書寫山圓教寺)と書写山ロープウェイの訪問記・紅葉写真集

PAGE TOP