九州観光

通潤橋 日本屈指の美しさを誇る最大級の石橋

通潤橋

スポンサーリンク



通潤橋とは

通潤橋(つうじゅんきょう)は2015年に観光客が11万人も訪れた熊本の人気スポットです。
江戸時代末期の1854年に建設された日本最大級の石造りのアーチ水路橋で、長さは75.6m、幅6.3m、高さ20.2mあり、国の重要文化財に指定されています。
※2023年秋に国宝指定となりました。

地元の総庄屋であった布田保之助が中心となって建造されましたが、熊本城の石垣の頑強な石積技術にヒントを得たと言います。
そして、熊本城を築いた加藤清正以来の肥後・石工集団である種山石工(たねやまいしく)の技術の高さが伺えます。


スポンサーリンク



五老ヶ滝川の谷に架けられた水路橋であり、本来の役割としては、水利に恵まれない白糸台地へ通水して、民衆を救う為の通潤用水上井手(うわいで)水路となります。
要するに主に農業用水の水路と言う事ですが、飲用と潅漑用として橋に3本の石管が通っており、農林水産省の疏水百選に選定されています。

通潤橋

また、石管水路の内部にたまった泥や砂を除くため橋の中央上部両側に放水口があり、農閑期には観光放水することがあり、豪快な放水は評判です。
歩いて渡ることもできましたが、橋に柵はありません。
でも、転落事故は一度もないとか・・。

なお、通潤橋に供給される水源は、橋よりも低い位置にあり、配水されるる白糸台地は、橋より更に高台です。
動力を用いずに水を高い位置に配水すると言う、日本の独自技術で実現した最初の噴水管(逆サイフォン)の橋と考えられいます。
石で作られた導水管の継ぎ目から空気が漏れないようする技術が幕末にあったというのは驚きです。
下記は布田保之助の像です。

布田保之助

しかし、2016年4月14日に発生した熊本地震で崩れなかったのは驚異の技術だと存じますが、石橋に亀裂が入って石が外側にせり出すなど、水漏れが発生するようになりました。
そのため、現在、通潤橋の周辺は立入禁止となっている他、改修工事が行われていました。
ただし、写真にあるように、放水はありませんが、橋そのものを離れたところから見学することはできます。
通潤橋の修理は2019年3月に終了する予定だと言います。

通潤橋

工事の間は、岩尾城の山腹に臨時の「見学所」が設置されており、道の駅・通潤橋や山へと5分登ると、通潤橋を高いところから見ることも可能です。
見学所は工事終了と同時に撤去されるとの事ですが、できれば、残して欲しいです。

道の駅・通潤橋には「通潤橋史料館」もあります。

道の駅・通潤橋

ちなみに計画放水が再開される場合には、土日祝日を中心とし決められた日の午後13時からになる見込みです。
ただし、毎年5月初旬~7月下旬は農地灌漑で水が必要で、また12月~3月は石材の凍結防止のため放水は休止されます。
年間の放水予定日は「山都町観光ナビ」や「山都町観光協会」のHPなどで公開されます。


スポンサーリンク



通潤酒造、棚田や五郎ヶ滝もみごたえありますので、歴史を感じながら岩尾城も散策するのがおすすめです。

通潤橋への行き方・アクセスですが、熊本交通センターからバスで80分「通潤橋前」下車徒歩すぐです。
駐車場ですが、道の駅・通潤橋が便利で、下記の地図ポイント地点から下がったところが無料駐車場です。

また、別途通潤橋を渡るのに便利な駐車場があるのですが、訪問時通行止となっていました。
熊本地震で被害に遭われた皆様の一日も早い復興を願うばかりです。

加藤清正~肥後の虎・勇猛果敢で知られる熊本の戦国大名
当方オリジナルGogoleマップ (九州)
肥後・岩尾城と阿蘇氏の本拠地だった浜の館


スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 知覧の見どころ観光スポット~知覧武家屋敷と知覧特攻平和会館
  2. 城山から望む桜島 城山~鹿児島の桜島を望む有名観光スポット(夜景も日出もキレイだよ…
  3. 草部吉見神社 草部吉見神社とは? 阿蘇神社よりも古く日子八井命にまつわる史跡
  4. トンネルの駅「神楽酒造」 トンネルの駅「神楽酒造」 無料見学できるトンネル内の焼酎熟成(高…
  5. 宇佐神宮とは 神聖で広大な境内と国宝の本殿などの見どころ
  6. 鵜戸神宮 鵜戸神宮 亀石の穴に投げる運玉もある太古からの信仰 初詣も
  7. 天草切支丹館 天草切支丹館 天草の乱などがよくわかる観光スポット
  8. おのころ池 おのころ池【高千穂峡の見どころ】チョウザメがいる理由も

スポンサーリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link

【PR】

スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. カムイワッカ湯の滝と世界遺産の知床半島「自然の本気」を感じる旅 カムイワッカ湯の滝
  2. 常楽寺の大姫と木曽義高の墓【北条政子ゆかりの地を散策】大船編
【PR】
PAGE TOP