静岡

松本・別所・駒場・川根の2泊3日の旅


 スポンサーリンク


 格安旅行シリーズと勝手に称しますが、8月の夏休みでも安い宿を予約しての格安旅行、今回の行程ですが「予定」は下記の通りです。
 長野から静岡に行くパターンです。

 1日目、松本城(松本宿泊)
 2日目、駒場・長岳寺(武田信玄の墓)→高根城→(川根宿泊)
 3日目、駿府城、登呂遺跡

 しかし、実際には臨機応変に変更となりましたので、下記ではその経緯も踏まえて掲載させて頂きます。
 観光スポットのご案内はそれぞれ詳しい別ページを儲けておりますので、このページでは主に行程のご案内となりますこと、ご確認申し上げます。


スポンサーリンク

1日目

 まずは中央自動車道から長野自動車道に入ります。
 以前、安曇野に行くとき、何気なく運転していたら、何度も通った事があるのに「岡谷JCT」でそのまま真っ直ぐ進んでしまい、長野方面に行くのが、名古屋方面に行ってしまったことがあります。
 そうなると、次の伊那ICで降りれるまで約20kmもあり、かなりの時間ロスとなるため、今回は慎重に長野自動車道に入りました。
 みどり湖PAはご飯類も安いので、みどり湖PAで休憩がてら昼食を取ります。

 そして、塩尻ICで降りました。
 初日の目的地は「松本城」ですので、通常であれば松本ICが便利ですが、松本の平野部を見下ろしながら走行できる県道63号で松本市街に入る方法でドライブがてら進んでみました。
 もちろん、少しですが高速代の節約にもなります。

 その途中「北熊井城」と言う案内板を発見しましたので、ちょっと寄り道する事に・・。

北熊井城

 北熊井城の詳細は歴史サイトに掲載させて頂きましたので、そちらをご覧願えますと幸いです。

 →北熊井城

 そして、松本城を目指しました。

松本城

 松本城も、申し訳ありません。
 歴史サイトの方で詳しくご案内させて頂きましたので、松本城に関してはここでは割愛させて頂きます。
 ただし、当日の行動について、こちらでは記載させて頂きます。

 →松本城についてはこちら
 
 松本城へはお盆前の2015年8月11日に訪れました。
 世間ではまだ平日だと思いますが、さすがにちょっと混雑していました。
 昼13時頃で、天守閣への入場規制は60分待ちと言う状態でした。
 家族の体調を考えますと、炎天下で並んで待つと言うにもキツイと言う事で、写真撮影だけでもと、松本城をグルッと一周して、無料エリアより写真を取って回りました。
 今まで松本城は3回訪れていますが、一周したのは初めてでしたので、それはそれでよかったと思っています。

 当初の予定では2~3時間かけてじっくりと見る予定だったのですが、時間が余ってしまったため、急きょ「別所温泉」に行く事になりました。

安楽寺(国宝・八角三重塔)

 別所温泉の安楽寺に行きました。
 松本の市街地から、有料のトンネル「三才山トンネル」を通過して、車で約60分くらいでした。信号も少なく快適な道路でしたし、途中、コンビニも数軒ありました。
 なお、安楽寺は、4月に上田城へ行った際に、別所温泉に宿泊しながらも、時間の都合で行けなかったところです。

 安楽寺に関しても、別のページにて無料駐車場の場所などご案内をさせて頂きましたので、ここで詳しい話は省かせて頂きます。

 →安楽寺
 
 そして、元々松本にて入浴しようと考えていた、宿泊施設に到着する前の日帰り温泉を、ここ別所の「あいそめの湯」にしてみました。
 大人500円ですので、かなりお安く利用できます。
 あいそめの湯も昔に温泉サイトにてUPしていますので、よければご覧願います。

 →あいそめの湯

旅館・松風

 1泊目は松本駅からもほど近い旅館・松風さんにお世話になりました。
 旅館と言う名がついておりますが、格安の観光客用宿泊施設と言った感じでして、民宿に近いです。
 壁が薄いですので、騒いだり、大きな声で話をしたりするのは厳禁です。
 必要な持ち物は、子供用パジャマ、歯ブラシ、髭剃りです。
 食事提供のない宿泊施設ですので、夕飯は食べてから行くと良いですね。


 旅館 松風

2日目

 この日は移動距離がありましたので、朝から静岡を目指す予定でした。
 しかし、前日、松本城の天守閣に行けませんでしたので、ちょっと時間的には厳しかったのですが、朝一番で松本城に行く方針に予定を変更しました。
 

再び松本城

 松本城に来たのは4回目ですが、そうそう頻繁に来れませんので、混雑が始まる前の朝1番で、松本城に行きました。
 夏場は朝8時から開場しますので、旅行者にとっては非常にありがたいです。

 と言う事で、松本城に行きましたら、まだ誰も並んでおらず、いわゆる「一番乗り」を果たしました。(^-^)

 お蔭で、天守閣の写真も、ほとんどが人影が入っておらず、良い写真撮れたと存じます。
 下記ではそれらの写真も掲載していますので、よければご覧頂けますと幸いです。

 →松本城についてはこちら

長岳寺

 さて、中央自動車道を名古屋方面に行き、途中の飯田山本ICで降りて、駒場の長岳寺を訪問しました。
 長岳寺は境内もそんなに広くなく、特別に有名な訳では無いのですが、武田信玄「終焉の地」として知られ、武田信玄の墓(供養塔)もあります。
 私が訪れた際には、2組ほども見学客がおられました。

 レンズに布が被っていて、あまり良い写真を撮ってくることができなかったのですが、こちらも特設ページにてご紹介させて頂いております。

 →長岳寺はこちら

国道151号から新東名へ

 その後、当初の予定では「高根城」に行く予定でしたが、予定外に朝一で松本城に行ったため、時間が足りず、高根城は断念しました。
 そのため、国道151号でひたすら静岡県を目指しました。
 途中、長野と愛知の県境では道路がちょっと狭くなるところもありましたが、概ね良好で、想像していたよりは走りやすかったです。
 しかし、早く「三遠道路」が飯田まで、全線開通すると良いのですが・・。

 途中、道の駅「信州新野千石平」と、新東名の遠州森町PAで休憩して、島田金谷ICでおりました。

川根温泉

 2日目の宿に入る前に恒例ですが、日帰り温泉に寄ります。
 そして、今回は夕食も日帰り温泉にて取りました。
 大井川沿いにある川根温泉は、道の駅に併設されている日帰り温泉施設ですが、ここは非常にお勧めできます。
 詳しくは下記をご参照願います。

 →川根温泉 ふれあいの泉

 下記は川根温泉の2F休憩室から撮影したSLの動画です。

ロッジ「りらすぽ」

 2泊目の宿は、貸別荘と申しましょうか?、ロッジになっている「りらすぽ」さんにお世話になりました。
 1棟貸切ですので、気軽に利用できます。

 →りらすぽのご紹介

 素晴らしい施設でしたが、子供が夜に「発熱」しまして。
 小学校6年生なのですが、6年間でも学校を休んだのは1日くらいでして、カゼなどで医者に掛かるような事もほとんどなかったので、このような発熱は非常に珍しいのです。
 しかし、下痢もある高熱でしたので、翌日の予定はすべて取りやめて、朝になりましたら、島田市内のドラックストアで、熱さまシートを購入して自宅に直行致し、そのあと、医者に連れて行きました。
 咳や鼻水も無かったので、最初は熱中症かな?と思ったのですが、医者の診断では「カゼ」でした。夏風邪ですね。
 もっとも、3日目は結構な雨が降っていまして、どうしようかな?と言う感じでしたので、ちょうどよかったと言えばよかったのですが・・。

 以上、参考になるような記事ではありませんので、お恥ずかしい限りですが、念のため記載させて頂きました。
 ご高覧賜りましたこと、深く御礼申し上げます。 

コメント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

★元旅行会社勤務の私も驚きの価格にビックリ。
ほぼ毎月利用しています。例えば東京発25000円で松山1泊旅行に行けました。(^^)
レンタカーやオプションも激安です。
一度、比較してみてください。
JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー



 スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 蓬萊橋(島田市)~東海地方4泊5日貧乏旅行(1-1)
  2. 信州は渋温泉の個性あふれる外湯巡り「9湯めぐり」を一応制覇してみ…
  3. 諏訪・信州 城攻め紀行 1-2 奈良井宿 (奈良井)
  4. 諏訪・信州 城攻め紀行 2-3 荒砥城
  5. 小山城(遠江・小山城) 駐車場・観光順路コース・所要時間情報
  6. 諏訪・信州 城攻め紀行 1-1 平出遺跡公園 (塩尻)
  7. 井伊直虎ゆかりの地を楽しく観光~お勧めスポット10選【おんな城主…
  8. 米子不動尊「本坊米子瀧山不動寺」のみどころ

Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. レンタカー ペットを乗せてもいいの?
  2. ワープステーション江戸 江戸の街並などが再現されているロケ地

PAGE TOP