北陸観光

砂浜ドライブ可能「千里浜なぎさドライブウェイ」通行止情報などの注意点(石川県・日本海)

千里浜なぎさドライブウェイ



千里浜なぎさドライブウェイ(ちりはま-なぎさドライブウェイ)は、石川県羽咋郡宝達志水町今浜から同県羽咋市千里浜町の間、約8kmの日本海に面した砂浜にある無料の観光道路で、片道約15分で通過できます。
なんで、波打ち際である砂浜の上を、クルマや観光バスが、走行できるのか?と申しますと、砂の粒子が細かく、水分を含むと、適度に固く締まるためです。
日本を含めて、世界では6箇所くらい、海岸の砂浜を走行できるところがありますが、日本では、この能登の千里浜海岸と、北海道・霧多布のなぎさのドライブウェイの2箇所が砂浜道路となりますので、千里浜が日本唯一ではありません。
厳密に申し上げると、霧多布「なぎさのドライブウェイ」は、穴場で観光標識もなく、自治体も管理していません。
また、堅くしまった砂浜の海岸に出るまで通行する砂の上は、スタックする可能性がありますので「走りやすさ」という面では、この記事でご紹介する、千里浜なぎさドライブウェイが日本一です。



2013年まで能登有料道路でしたが、現在は無料化されており、千里浜なぎさドライブウェイと名称も変わっています。

普段はセンターラインなども無い、砂浜道路ですが、海水浴シーズンの夏期間のみ、安全のため海岸にはロープが張られ、海水浴エリア、通行帯(千里浜なぎさドライブウェイ)、駐車場エリアに分けられます。
この夏季期間だけ「道路交通法」が適用され、時速30kmの速度規制、追い越し規制などの道路標識も立ちます。

千里浜なぎさドライブウェイ

夕方には、日本海に沈む、夕日もキレイなところです。

入口と出口

約8kmの千里浜なぎさドライブウェイを「全線」走行する場合には、入口・出口を、目印として当方のオリジナル地図にてポイントさせて頂きました。
地図はスマホで開いて、カーナビ代わりにもご活用頂けます。
すぐ隣には、バイパス道路も通っていますが、バイパスはアスファルトの道路ですので、砂浜に向かってください。

通行止情報を確認

千里浜なぎさドライブウェイは、風が強くて波が高い場合などには「通行止」になる場合があります。
だいたい問題は無いのですが、お出かけ前に、下記のサイトにて道路状況を確認願います。

石川みち情報

上記サイトのトップ左側に「千里浜なぎさドライブウェイ 規制なし」と表示されていれば、通行できます。
規制ありとなっている場合には、通行止などの可能性がありますので、クリックして更に詳しい情報をご確認願います。

走行時の注意点

稀に砂にタイヤを取られ、動けなく場合がありますので、出来る限り、できている「わだち」を走行するのが得策です。
わだちは、前を走行した自動車やバスなどで、踏み固められていますので、周囲の砂より硬いです。
砂浜が白くなっている部分は、水分が無く、スタックしやすいので注意しましょう。駐車もヤバいです。
また、波が掛かっている部分も、車の重量でタイヤが沈みますので、スタックしやすいです。
心配な場合には、前を走るクルマが無事に通行できたところを、ついて走って行くと言う感じで、途中で止まることなく、砂浜を通過してください。

千里浜なぎさドライブウェイ

バイクの場合、タイヤが細い(丸い)こともあり、車体重量があると、車輪が砂に埋もれる可能性があります。
200kg以上の重いバイクは、ご注意願います。
特に停車してしまうと、スタックしかねませんし、地面は砂で、駐車スタンドは役に立ちませんので、車体が転がります。
板切れなどを持参したいところです。

自転車は、マウンテンバイクなど、タイヤが太い自転車でしたら、走行可能です。
普通のサイクリング車は、タイヤが細いので走行が困難です。

千里浜なぎさドライブウェイ

万が一、タイヤがスタックしてしまった場合には、固くて破けにくいもの(例えば、フロアマットなど)を、タイヤの前にかまして、脱出を試みてください。(安全なところまで移動出来たら、マットなどを回収しましょう。)
それでも、脱出できない場合には、素直にレッカーを呼ぶと良いです。
現地の自動車屋さんの場合、砂地にスタックしたクルマの救出は、日常茶飯事で慣れています。

自動車保険会社がgifbanner?sid=3195428&pid=886675162gifbanner?sid=3195428&pid=886675162JAFと提携している場合には、その自動車保険のロードサービスに電話してみてください。
特にない場合には、例えば下記が、石川県の24時間レッカーサービスです。

レッカーサービス中瀬
TEL 076-292-3915

※他のレッカー業者さんもあります。

底面洗車

海水を含んだ砂浜を走行しますので、塩分を含んだ細かい砂や塩が、クルマの底に付着します。
旅行から帰宅しましたら「サビ防止」のため、早めに、自動車の底面洗浄(水洗い)をしたいところです。
ただし、砂浜の走行後に、結構な雨が降ったりした場合、雨天時にアスファルト道路を何キロも走行していれば、それで充分かも知れません。(日にちが経過していなければ)
雨にならなかった場合には、ガソリンスタンドの洗車機などで、底面洗車オプション(下回り洗浄)がある洗車機を「早め」に利用すると便利です。

ランチなど食事

千里浜の近くで食事する場合には、千里浜なぎさドライブウェイの北端近くに「千里浜レストハウス」という道の駅のような施設があり、トイレ休憩や食事が可能です。
また、千里浜なぎさドライブウェイの途中でも、焼貝などを販売している小屋があり、立ち寄って楽しむのも良いです。
国道249号に出ても、道沿いにさまざまなレストランなどが点在しています。

金沢「兼六園」見どころ
能登金剛5選 失敗しない観光方法
能登の観光にも便利なオリジナル地図
白米千枚田 奥能登の海岸沿いにある千枚田
揚げ浜塩田「奥能登塩田村」道の駅すず塩田村
能登「ゴジラ岩」
垂水の滝 日本海にダイレクトに注がれる名瀑





髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. ミドリガ池 (みどりが池) 室堂「ミドリガ池」 (みどりが池)の解説【 立山黒部アルペンルー…
  2. 獅子吼高原ゴンドラ 獅子吼高原ゴンドラ 標高630mから望む雄大な観光資源を活かして…
  3. 明智光秀ゆかりの史跡一覧リスト 明智光秀「ゆかりの地」岐阜・近江・丹波など史跡一覧リスト20選厳…
  4. 能登「ゴジラ岩」 能登「ゴジラ岩」
  5. 金沢「兼六園」見どころ・入口・時間など知って得して欲しい情報
  6. 黒部峡谷の紅葉 黒部峡谷 黒部トロッコ列車終点「欅平」の楽しみ方
  7. 山中温泉の名所旧跡ベスト5選~温泉以外の楽しみ方
  8. 三方五湖 三方五湖の雄大な景色「梅丈岳」簡単アクセス 楽しみ方・お得方法・…



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link


スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 本州最南端の碑「潮岬」 潮岬観光タワーでマグロを食す 本州最南端の碑「潮岬」
  2. 西郷隆盛ゆかりの地を巡る方法と見どころ45選~鹿児島と熊本・宮崎や奄美大島編
PAGE TOP