レジャー

富士急ハイランド攻略情報&お得情報~混雑アトラクション攻略


 スポンサーリンク


富士急ハイランドの攻略情報です。

CLUB富士急

富士急ハイランドの割引券やクーポン券は色々と出回っていますが、自動車で訪れる場合に、富士急ハイランドが直接提供している「CLUB富士急」の会員になると、一番安くパスポートなどを購入できます。
また、CLUB富士急に入っていれば、会員専用サイトから、各アトラクションの「リアルタイム待ち時間」がスマホで見れますので、かなり有効な情報を得られます。
ただし、特に混雑が予想される日には、CLUB富士急だと、入園券販売の窓口に並ばなくてはならないので、そのまま入園ゲートに行ける「前売り券」をコンビニの端末で購入してから訪れた方が、スムーズに入場は可能です。

駐車場情報

普通車の駐車料金は1000円(2016年現在)ですので、1000円札を用意しておきましょう。
駐車場はそんなに混雑していなければ、富士急ハイランドの西側にある第1駐車場へ誘導されます。

到着する時間ですが、計画的に行けるようでしたら、開園時間の20分前には到着するように行く事をお勧め致します。
と、申しますのは、やはり到着が遅くなると、人気のアトラクションは長蛇の列となるからです。
東京ディズニーランドなどと異なり、平日は17時、土日でも18時と、夏休み期間中以外は閉園が「早い」ので、色々とアトラクションを楽しむためには、早く行きたいところです。


スポンサーリンク

もし、土日など混雑する日に、到着が遅くなった場合には、人気アトラクションも2時間30分待ちなどになりますので、フリーパスではなく「入園券」で入って、その都度アトラクションのチケットを別途購入して楽しんだ方が、安いかもしれません。
特に、ゴールデンウィークだと、朝10時くらいには、入園チケットを買うだけで1時間掛かる場合もありますので、そんなに混雑する日は、フリーパスは元手取りにくいですよ。

混雑するアトラクション

富士急ハイランドで一番人気があると言うか、待ち時間がいつも1番長いのは「ドドンパ」です。
まぁ、回転率が悪いと言った方が良いのでしょうが、朝イチで到着できたならば、最初はドドンパに行きたいところです。
午前中よりも、午後から混雑がひどくなるのは「富士飛行社」と「ナガシマスカ」です。
もし、午前中、そんなに混雑していなければ「富士飛行社」と「ナガシマスカ」は先に済ませておきましょう。
ただ、「ナガシマスカ」は秋から春の寒い時期はすいていて、夏季には非常に混雑するアトラクションです。
逆に、午前中混雑していたのが、午後になるとちょっとやわらぐのが「FUJIYAMA」と「ええじゃないか」ですね。
特にFUJIYAMAは回転率が良いので、比較的待ち時間が短いのです。
「高飛車」「最恐戦慄迷宮」は午前も午後も変わらない混雑ぶりですが、ドドンパほどではありません。
この混雑情報は、天候やその他条件・状況により異なる場合もありますので、ご参考までにお願いしたいのですが、いまや富士急ハイランドもお客様の半分くらいは、中国人や欧米人といった外国人ですので、入園口から近い「FUJIYAMA」なんかは、最初が一番待ち時間長くて、だんだんゆるくなるのです。

なお、平日は土日祝よりアトラクションのスタッフ数が減るため、稼働させるゴンドラ類を減らしているなど、回転率が悪くなります。
その為、来場者数が多いと、待ち時間は平日でもあまり変わらないような状況になる日もあります。
なので、私が訪れた6月の平日(月曜)は、最大でドドンパが1時間40分待ちと言う状況でした。

絶叫優先券

富士急ハイランドには「絶叫優先券」と言う、有料のアトラクション優先案内券が発売されています。
これは1時間毎の時間指定券で、1人1000円です。ただし、各稼働1時間あたり10枚限定と狭き門です。
もちろん、アトラクションを利用する際には、この優先券以外に、アトラクションチケットやパスポートが別途必要です。
販売枚数にも限りがあるのですが、特に土日などの混雑日には、ご予算に余裕があれば、絶叫優先券の購入をお勧め致します。
メリーゴーラウンド横にあるチケット売場のみで販売されていますが、乗る全員が揃って買いに行かないと、人数分買えません。
もし、まだ購入できる状態でしたら、最も待ち時間が長い場合が多い、ドドンパが一番お勧めです。

濡れるアトラクション

びしょ濡れになるアトラクションは「ナガシマスカ」と「クール・ジャッパーン」の2つです。
乗り場にて、100円でポンチョを購入できます。
なかには冒険心が豊かで、レインコートなしでチャレンジなさる若者もいるのですが、非常にびしょ濡れになります。
Tシャツが水を含み、絞れるほど濡れますので、100円を惜しまずにポンチョ購入なさることをお勧め致します。
なお、ポンチョは捨てないで持って移動すれば「ナガシマスカ」と「クール・ジャッパーン」の両方で使えます。
また、最後まで捨てないでポンチョ持って入れば、突然の夕立でも対応できます。
慣れている方は、最初からレインコートを持参しておられる方も見受けられます。
なお、持参する場合には、足元までかぶさるタイプが良いです。靴もかなり濡れますのでね。

昼食は持参した方が得策か?

平日などは問題ありませんが、土日祝の昼食は、レストランも1時間待ちなんてことがあります。
そのため、アトラクションは昼頃から若干待ち時間が緩くなるような印象を受けます。
その為、無駄な時間を過ごさないためにも、パンなどを持参して食べた方が、まだ得策だと思います。
パンやおにぎりでしたら、極端な話し、アトラクションの列に並びながら食べる事もできますしね。

以上、富士急ハイランドを有意義にお楽しみいただけますと幸いです。

山梨県の日帰り温泉情報
富士スバルライン 富士山5合目お手軽ドライブ
USJの簡単攻略法~ハリーポッターエリアの入り方など超初心者向け便利情報
東京ディズニーランド攻略法【お得な情報】駐車場攻略も
その他「遊園地・ディズニーランド」などの攻略情報カテゴリはこちら

コメント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

★元旅行会社勤務の私も驚きの価格にビックリ。
ほぼ毎月利用しています。例えば東京発25000円で松山1泊旅行に行けました。(^^)
レンタカーやオプションも激安です。
一度、比較してみてください。
JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー



 スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. よこはま動物園 ズーラシア 最新展示方式の日本最大級都市型動物園…
  2. 伊豆高原 【伊豆ぐらんぱる公園】ワンちゃんと一緒に 人気のジップ…
  3. ハウステンボスの世界最大イルミネーション&プロジェクションマッピ…
  4. 長崎ハウステンボス2日間にて誰でも得する攻略法を知っておこう~H…
  5. 浜松基地のエアーパーク~入場無料・駐車場無料で子供も大満足な航空…
  6. 江戸東京博物館はあなどれない~東京の江戸時代や明治を楽しめる屋内…
  7. 三沢航空科学館~三沢基地横にある航空機テーマパークで1日遊ぼう
  8. さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト~相模原市最大の人気スポッ…

Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 甲子園球場を120%楽しみつつきちんと節約する方法
  2. 徳川家康が眠る久能山東照宮のみどころ

PAGE TOP