兵庫

姫路城の西の丸【千姫ゆかりの化粧櫓】訪問記・写真集


 スポンサーリンク


姫路城の歴史と見どころ【国宝・世界遺産】写真集・観光情報の続編です。
このページでは姫路城・天守閣の内部を中心にご紹介させて頂きます。

姫路城の西ノ丸は、姫路城天守閣を見学される30%程度の方々しか訪れない場所ですが、天守閣同様に見どころは満載です。
もちろん、有料拝観料金の範囲内ですので、時間が許せば是非訪れて頂きたいところでもあります。


 スポンサーリンク

西ノ丸は特に「千姫」に大変ゆかりある場所で、本多忠政が姫路城主になった際に拡張・整備されました。
下記の階段を上がって行くと、姫路城・西の丸です。

途中には武者溜りもあります。

姫路城の百間廊下にも「靴」をビニール袋に入れて上がります。

百間廊下と言うくらい、大変長い廊下が現存しています。

なんでも長さは240mあるそうです。

千姫も毎日この階段や廊下を歩いたと言う事なのでしょう。

もちろん防御施設なので、狭間があり鉄砲が撃てる様になっています。

石落としもあります。

下記は西ノ丸から望む姫路城です。

こんなキレイな姫路城が撮影できますので、西の丸に行かないのは実にもったいない話です。

所どころに西ノ丸御殿から入れる階段もありました。
西ノ丸にあった武蔵野御殿に千姫は住んでいたとされますので、この階段も利用したのでしょう。

とにかく、長い廊下が続きます。

女中が寝泊まりしていたとされる部屋も随所にあります。

窓から外を望めば、石垣も見えます。

もちろん、姫路城天守閣も見えます。

下記は千姫の為に1618年に増設された、化粧櫓の内部です。

平和な時代に作られたせいか、窓も大きめです。

百間廊下を外から撮影した写真が下記です。

この辺りから見られる姫路城・天守閣の姿も素晴らしいですよ。

西ノ丸をあとにして、戻りますと有料拝観の出入口です。

最後にこのページもご覧になられた方に「おまけ」として掲載致します。

上記は、有料拝観の出口を出て、左手に進むとある、黒田官兵衛時代の姫路城の石垣で下山里曲輪から見れます。

恐らくは、豊臣秀吉が姫路城に入ったあと、1581年頃に造営されたものと推測されます。

その隅には、昭和の大修理で発見された石碑などが祀られています。

姫路城も時代によって、どんどん拡張・整備されたことが伺えます。

以上、姫路城・西ノ丸特集でした。
ご覧頂きまして、ありがとうございました。

姫路城の歴史と見どころ【国宝・世界遺産】写真集・観光情報
姫路城の西の丸【千姫ゆかりの化粧櫓】訪問記・写真集
男山千姫天満宮と男山八幡宮【姫路】
好古園~姫路城西御屋敷跡庭園はロケ地としても有名

コメント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

★元旅行会社勤務の私も驚きの価格にビックリ。
ほぼ毎月利用しています。例えば東京発25000円で松山1泊旅行に行けました。(^^)
レンタカーやオプションも激安です。
一度、比較してみてください。
JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー



 スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 米沢の上杉神社と松岬神社(米沢城跡)
  2. 好古園~姫路城西御屋敷跡庭園はロケ地としても有名な日本庭園
  3. 書写山円教寺(書寫山圓教寺)と書写山ロープウェイの訪問記・紅葉写…
  4. 玄宮園と楽々園【彦根城の現存する豪華な大名庭園】
  5. ワープステーション江戸 江戸の街並などが再現されているロケ地
  6. 清洲城・墨俣城・岐阜城~東海地方4泊5日貧乏旅行(2-2)
  7. 姫路城の天守閣内部訪問記・写真集の特集
  8. 諏訪原城 駐車場・観光順路コース・所要時間情報

Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. ぐんま花燃ゆ大河ドラマ館と群馬県庁 
  2. 東京スカイツリーの駐車場情報 ちょっとでも安い駐車場に止めよう

PAGE TOP