沖縄観光

石垣御神埼灯台の失敗しない観光解説~石垣島から西表島を望む絶景ポイント

石垣御神埼灯台

スポンサーリンク



石垣御神埼灯台

石垣御神埼灯台(いしがき・おがんさき・とうだい)は、沖縄県石垣市崎枝(石垣島の西側)にある灯台で観光スポットにもなっています。

今回、石垣御神埼灯台は2回目の訪問で、前回の記憶は、駐車場から灯台の入口まで舗装道路があり道路の終点まで行ったけど、レンタカーを止められず切り返して戻り、駐車場に止めて歩いて向かったと言うことを覚えているくらいです。

石垣御神埼灯台

この説明では、よくわからないですよね。
実際に行ってみないと・・・。

下記写真が、行き止まりで、クルマを方向転換した場所。
観光タクシー利用だとここまで入ってくれることが多いようです。
灯台には階段がかかっていますが、登ってはあまり意味がないので、岬の方へ足を進めました。

石垣御神埼灯台

御神埼岬の先端には遊歩道が伸びていて散策可能です。
雨が降ったあとは、すべりやすいも。

石垣島・御神埼

梅雨の時期の晴れ間でちょっと天気よくないですが、対岸には西表島が見えました。

石垣島・御神埼から西表島を望む

御神埼の先端付近は岩が露出している場所となります。
目を下に向けると、石垣・御神崎のコバルトブルーの海が綺麗でした。

石垣島・御神埼

歩く際には特にフェンスなどありません。
足元はゴツゴツ岩がありますので、どうぞ転倒などしないようご注意願えれば幸いです。

なお、今回は「風」は弱かったのですが、普段は風が強い事でも知られています。
帽子など飛ばされないようにご注意願います。
訪問する前にカゼが強いかどうかを判断する場合、海の沖合に「白波」が立っているか?どうかがひとつの目安となります。

あと、短い動画も撮影してみましたので、よければご高覧賜りますと幸いです。

御神埼には「八重山丸遭難の碑」がありますが、これは昭和27年12月8日に八重山丸が遭難した慰霊碑らしいです。
那覇から石垣に向っていた八重山丸(40.39トン)は、風が強くなった中、操舵チェーンが切れて航行不能になったようで横波を受け、御神崎から南西2600mの場所で転覆・沈没との事。
残念ながら死者行方不明者35人を出しました。(生存者は乗組7名・乗客3名)
あと20分で石垣港に到着するところだったとの事です。
船の免許を持つ端くれとしても、謹んでご冥福をお祈り申し上げたいと存じます。

ちなみに、高さ17mの灯台は比較的新しく、1983年から運用開始されたとのこと。
今となっては、船のGPSや水深計などの最新技術もあり、灯台が不要となりつつあります。

石垣御神埼灯台の見学所要時間は20分~30分程度になります。

交通アクセス

石垣港離島ターミナルから車で約50分。
石垣御神崎に入る道路は、途中、下り坂で右に曲がって登って行きます。
この右折するところだけ、通り過ぎないよう、カーナビ設定などできると良いです。

ただ、今回は、10台ほどの駐車場がほぼ満車でして、なんとか止められたのですが、平久保崎のクルマの多さと同じくビックリしました。
昔、こんなにレンタカーが多いと言う印象は無かったのですが、やはり新石垣空港ができてから観光客は増えたのでしょう。

晴れている日の夕方は、東シナ海に沈む夕日や星空「サンセットビュー」を見ようとたくさんの方が訪れ、駐車場もレンタカーで満車になりやすようです。
日没になると足元も見えにくくなり危険が伴います
家族や友人らと石垣島に来た単なる観光として訪れるのであれば、安全な昼間が良いでしょう。


スポンサーリンク



訪問タイミング的には、石垣市街地から川平湾に向う途中に寄れると移動効率も良いです。

公衆トイレとジュースの自動販売機(売れ切れ注意)はありますが、携帯電話は電波が繋がりにくいです。

石垣やいま村「割引でお得に入場する方法」沖縄・石垣島のテーマパーク
吹通川マングローブ群落【石垣島観光スポット】吹通川ヒルギ群落(天然記念物)
石垣島鍾乳洞の観光解説~非常に見ごたえある鍾乳洞・雨天でも最適でお子様もOKな観光施設
石垣島「唐人墓」とは~きらびやかな中国様式の慰霊碑の歴史を知る
玉取崎展望台のちょこっと解説【石垣島No1景勝地】アクセス・駐車場など
石垣島「川平貝塚」ちょこっと解説~石垣の国指定史跡「仲間満慶山英極の本拠地?」
石垣島・平久保遠見台(先島諸島火番盛)~平久保崎灯台
石垣島から「西表島」「竹富島」「小浜島」「黒島」「波照間島」への高速船3社徹底比較~石垣港離島ターミナルの昼食や駐車場情報も


スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 石垣やいま村 石垣やいま村「割引でお得に入場する方法」沖縄・石垣島のテーマパー…
  2. 石垣港離島ターミナル 石垣島から「西表島」「竹富島」「小浜島」「黒島」「波照間島」への…
  3. 勝連城 勝連城と阿麻和利とは~鬼大城や展望も素晴らしい勝連城の見どころ【…
  4. 吹通川マングローブ群落 吹通川マングローブ群落【石垣島観光スポット】吹通川ヒルギ群落(天…
  5. 玉陵 玉陵とは「国宝」沖縄の琉球国王の墓で世界遺産・国史跡
  6. 座喜味城 座喜味城の歴史とみどころ【沖縄の世界遺産】動画にて雰囲気も
  7. 今帰仁城 今帰仁城の歴史と沖縄最大級の規模を誇る今帰仁城の必見ポイント【世…
  8. F-15 沖縄本島の道路が滑りやすい訳? 実際にスリップしたワタクシと沖縄…

スポンサーリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link


スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 青島神社 鬼の洗濯岩に囲まれた歴史ある南国風の聖地と無料駐車場 青島神社
  2. 新選組ふるさと歴史館と日野本陣・日野宿交流館
PAGE TOP