茨城観光

西山荘「水戸黄門が隠居生活した静かな西山御殿」


 スポンサーリンク


西山荘(せいざんそう)は、茨城減の常陸太田市にある山荘です。
江戸時代初期の水戸藩主・2代の徳川光圀(とくがわ-みつくに)が、徳川幕府より隠居の許可が下りて権中納言となり、1691年5月から約10年間、1700年12月に没するまで、約10年間過ごした場所になります。
国指定史跡、国の名勝に指定されています。



西山荘は、常陸・太田城から西に行った、谷戸の奥にあります。
現在下記のような売店があり、その建物の中を通って奥へと進ん行きます。

当時は西山御殿と呼ばれ、佐々宗淳(助さん)ら約60名の水戸藩士らが伺候しました。
水戸黄門が暮らした屋敷とは、ちょっと離れたところに藩士らの住まいがあったようです。

西山荘では、薬草から約400種類の薬を調合するなどしたほか、近くの古墳の発掘調査も行ったと言います。

また、水戸光圀が主導し、有名な「大日本史」と言う日本の歴史書編纂も行っており、それまでに日本各地に藩士を派遣しては、現地で歴史の聞き取りなどをしていました。
これが、のちの、諸国漫遊の物語「水戸黄門」に繋がっています。

もっとも、大日本史の編纂には、水戸藩の税収の30%を使うと言う莫大な予算が掛かっており、のち、水戸藩では財政が悪化する要因にもなり、領民の負担も大きかったようです。
下記の付近から先は有料エリアになり、左手にある建物内でチケットを購入します。

水戸藩主は天下の副将軍として、常時、江戸の藩邸におり、参勤交代などで水戸城には戻ることは通常ありません。

隠居の身とは言え、水戸にて多くの領民と親交を重ねた徳川光圀は「黄門さま」と慕われました。

この「黄門」(こうもん)と言うのは、中納言(ちゅうなごん)の事を、唐(中国)では、黄門と呼んだためです。

ただし、水戸黄門が過ごした建物は、江戸時代に焼失してしまいました。

その後、1819年に、8代藩主・徳川斉脩(なりのぶ)が再建したものが、現在ある西山荘で、規模は約3分の1に縮小されていると言います。

現在は、徳川ミュージアムが管理しており、入場料は1000円(小中学生600円)です。
スイカなどの交通ICカードも使えます。

水戸黄門などドラマのロケ地でもありましたので、出演者さんのパネルもありました。

春には梅、夏は新緑、秋には紅葉,冬は雪景色など、四季を通じて日本の自然美も楽しめます。

クルマの音などの雑音は、まったく聞こえてこない、谷戸の奥になっており、現世を離れた居心地を堪能できました。

交通アクセスですが、JR水郡線り常陸太田駅から茨城交通バスの上宮田代行きに乗車し、西山荘入口バス停下車の徒歩5分です。
無料駐車場は100台ありますが、駐車場から西山荘の建物までは5分くらい歩きます。

西山荘の観光所要時間ですが、有料エリアも含めますと、20分~30分といったところです。

わりと平坦な散策路で、階段は多くありませんので、ご高齢でも歩ける方であれば、とても楽しめる良いところです。

西山荘で長寿をまっとうした徳川光圀ですが、水戸黄門漫遊記の人気によって、たくさんの人々に知られるようになったわけです。

西山荘の無料駐車場がある場所は、当方のオリジナル地図にてわかるようにしてあります。

水戸黄門(徳川光圀)とは
竜神大吊橋 紅葉も素晴らしい茨城県の観光名所と駐車場混雑時攻略法
袋田の滝 日本三大名瀑 混雑時の駐車場攻略や観覧ポイント
弘道館 水戸藩による日本最大の藩校で日本遺産

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

★元旅行会社勤務の私も驚きの価格にビックリ。
ほぼ毎月利用しています。例えば東京発25000円で松山1泊旅行に行けました。(^^)
レンタカーやオプションも激安です。
一度、比較してみてください。
JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー



 スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 鹿島神宮のパワースポットは強力~初詣の駐車場攻略情報なども
  2. 笠間稲荷神社「笠間の菊まつり」と「初詣混雑状況」駐車場攻略法も
  3. 弘道館 水戸藩による日本最大の藩校 日本遺産・国特別史跡
  4. 永源寺 茨城の「もみじ寺」真っ赤なモミジ尽くしを楽しもう
  5. 月待の滝(裏見の滝) 隠れた紅葉の名所と裏から見える滝
  6. 西郷どんのロケ地情報16(地図あり) 2018年NHK大河ドラマ…
  7. 八幡橋 常陸太田市に素朴な風景が残っている有名ロケ地
  8. 袋田の滝 日本三大名瀑 混雑時に得する駐車場攻略や観覧ポイント

旅の思い出をどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 12月 11日

CAPTCHA


Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. さがみ湖プレジャーフォレスト【イルミリオン】 週末混雑攻略法まとめ
  2. 安楽寺と国宝【八角三重塔】長野県上田市別所温泉

PAGE TOP