中国地方観光

鞆の浦「安国寺」 国の重要文化財も見学可能な安国寺恵瓊再建の古刹

鞆の浦・安国寺



鞆の浦にある安国寺(あんこくじ)は、広島県福山市鞆町後地にある臨済宗妙心寺派の寺院です。

開山したのは、信州・松本出身の心地覚心(しんち-かくしん、無本覚心)で、亀山上皇、後醍醐天皇より法燈禅師、法燈円明国師と諡されました。
約5年ほど、宋にも渡ったあと、高野山の金剛三昧院に戻った高僧で、信州味噌の発明者としても知られます。

この法灯禅師が1273年に釈迦堂(仏殿)建立したのが始まりとなります。
七堂伽藍を持ち、鞆の浦の3分の1ほどを寺領にした大寺院だったようですが、南北朝時代には度重なる戦火で、その後、荒れていたようです。



足利尊氏が1339年に再興し、戦国時代には安国寺と呼ばれるようになり、1579年から毛利輝元の重臣・安国寺恵瓊が再興しました。
なんでも、京都・南禅寺からの帰路途中に鞆の浦に寄港したようです。
その室町時代中期建立の釈迦堂(仏殿)は国の重要文化財です。

鞆の浦・安国寺

釈迦堂(仏殿)の中にある、下記の2点も重文となります。
まずは阿弥陀三尊像(重文)です。

阿弥陀三尊像(重文)

上記の阿弥陀三尊像の手前におられるのが、法燈国師坐像(法燈国師69歳の寿像)で、これも重文となります。
鎌倉時代の1275年に作られたと言う、年代が明らかな日本最古の頂相彫刻であり、最古の寿像となります。

他にもありまして、下記は愚谷和尚像です。

愚谷和尚像

下記は、朝鮮渡来の釈迦堂守護神とありました。

釈迦堂守護神

枯山水の庭園、安国寺庭園もなかなか立派なようですが、訪問した際には「工事中」でしたので、遠慮させて頂きました。

安国寺庭園

安国寺恵瓊は、豊臣秀吉からひとりの大名として扱われ、伊予6万石となります。
そのあと、1591年、この備後・安国寺に1万1500石もの寺領を寄進しました。

朝鮮攻めの際に、戦利品として朝鮮木を大量に持ち帰った安国寺恵瓊は、安芸・安国寺を改良したのち、1599年に名匠・左甚五郎を招いて焼けていた釈迦堂を再建したと伝わります。

鞆の浦・安国寺

この時、枯山水には蘇鉄(ソテツ)も植樹されたとのことです。

江戸時代になると、福山藩の2代藩主・水野勝俊が子安観音堂、水野多門の五輪塔を建立しました。

回廊式の本堂である法堂は、大正時代の1920年12月4日朝8時、本堂の下を寝ぐらにしていた「亀サ」が、暖をとるために焚き火をし、灰燼と化し、今では跡地を示す石跡だけが残されているそうです。

鞆の浦「備後安国寺」は有料拝観で大人150円 大学生100円 高校生以下無料となっておりますが、書院か庫裏の玄関先にある無人の拝観料BOXに投入する方式です。

鞆の浦・安国寺

ただし、釈迦堂の内部にある重文の像なども、スリッパに履き替えて見学可能になっています。
拝観時間は朝8時~17時(冬期は8時30分~16時30分)の模様で、定休日は不明です。
京都のお寺さんにいくと、だいたい500円ですが、安国寺はとても良心的で見所満載ですので、オススメです。

交通アクセスですが、仙酔島へ渡れる「いろは丸」の船乗船場の有料駐車場からですと、歩いて片道10分ほどの距離にあります。



鞆の浦は、街全体には江戸から明治あたりの建物が残る歴史スポットでもありますので、せっかくですから、散策してみました。
なかなか味わえない、充足した時間を満喫することができました。

鞆の浦の安国寺の入口や近くの駐車場、観光スポットなどは、当方のオリジナル地図にて分かるようにしてあります。
鞆の浦(とものうら)はほんと狭い街ですので、クルマは素直に観光用の有料駐車場に止めたほうが無難です。

安国寺恵瓊~毛利家の交渉人から大名になった僧と不動院
5分で分かる足利尊氏~人望で逆境に打ち勝つ~
備後・大可島城 鞆の浦にある風光明媚な海城
いろは丸沈没事件を追って鞆の浦へ 坂本龍馬の海援隊
鞆の浦(とものうら)の古い街並とみどころ~仙酔島
鞆の浦の史跡巡りにも便利なオリジナル地図





髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 弥山登山と宮島ロープウェイ~観光所要時間や観光名所スポットなど
  2. 不動院岩屋堂 不動院岩屋堂~鳥取郊外の岩窟の中にあるお寺でまさに穴場スポット
  3. 白兎海岸 白兎海岸と白うさぎ伝説 大国主命の因幡侵攻と神話を思い浮かべなが…
  4. 安芸の宮島と厳島神社のみどころ&楽しみ方【世界遺産】
  5. 錦帯橋~木造五連アーチで日本三名橋とされる名勝の観光情報
  6. 広島の戦国時代史跡を周る1泊2日旅の記録~大三島なども
  7. 瀬戸大橋 瀬戸大橋をクルマで渡る際に 与島PAにて瀬戸内海を満喫する方法
  8. 最上稲荷 最上稲荷 神仏習合が残る貴重なお寺 初詣も人気



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 5月 15日
  2. 2018年 5月 15日

CAPTCHA


Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 獅子吼高原ゴンドラ 標高630mから望む雄大な観光資源を活かしてほしいところ 獅子吼高原ゴンドラ
  2. 播州赤穂城の写真集~おつな雨風情の赤穂城
PAGE TOP