北陸観光

室堂「血の池」の解説【 立山黒部アルペンルート】

室堂「血の池」

スポンサーリンク



室堂「血の池」とは

室堂の「血の池」は、富山県中新川郡立山町芦峅寺ブナ坂外11国有林の「室堂平」にある立山火山の火口湖のひとつで、中部山岳国立公園にあります。
池と言う名称ですが、実際には湿地帯の風景になっており、湖水や湖底の泥が酸化鉄により赤みを帯びいます。
そのため、立山地獄の1つとして「血の池地獄」と呼ばれました。
実際には、大変静かで、穏やかなところです。

室堂「血の池」

血の池の、そばには、近付くことはできませんが、エンマ台(地獄谷展望台)から、リンドウ池・「gifbanner?sid=3195428&pid=886658131らいちょう温泉 雷鳥荘」へ繋がる、遊歩道から眼下に一望できるロケーションとなっています。
なお、階段などがあるため、遊歩道は、帰りがキツイです。

室堂「血の池」

血の池と申しますと、別府温泉の「血の池」を思い浮かべますが、立山の血の池のほうが、ぜんぜん、優しいです。
また、地獄谷からの火山ガスが流れて来る区間となるため、ガス濃度が高い時間は、遊歩道への立入制限となります。

地獄谷からの火山ガス

血の池の反対側には、リンドウ池が見えます。
下記は、室堂の地獄谷、「gifbanner?sid=3195428&pid=886658131らいちょう温泉 雷鳥荘」、血の池、みくりが池などを撮影した4K動画です。

室堂を散策する場合、地面は石畳か未舗装で、とがった石も、ゴツゴツしているところがあります。
そのため、サンダル・ハイヒールなどの靴はケガの元になります。
最低限スニーカーで訪問しましょう。
室堂駅からは石の階段の上り下りもありますので、車イスは困難です。


スポンサーリンク



なお、春(4月~6月)は、室堂駅から出ると、一面はまだ積雪となっています。
冬山装備(防水性のジャケット・ズボン、帽子、手袋、登山靴・トレッキングシューズなど)の装備が必要です。
快晴時は、日差しが強いですので、サングラス・ゴーグル、日焼け止めも必須です。

夏(7月~9月)は、比較的訪れやすいです。
ただし、天気予報が晴天でも、山の天気は、突然の変化しますので、雨具はあると良いでしょう。
平地よりも10℃~15℃も気温が低いですので、服装にはご注意ください。

紅葉の時期・見ごろは、9月下旬~10月上旬頃となります。
初雪は10月に入ると降りますが、積雪になっても、まだ溶けやすいです。
11月に入ると、例年の場合冬山となり、吹雪になることもあります。

最後に、ゴミは必ず持ち帰りましょう。

室堂平「立山室堂」トレッキング お役立ち情報
みくりが池の解説
室堂「ミドリガ池」 (みどりが池)の解説
室堂「地獄谷」の解説 エンマ台
室堂「りんどう池」の解説
立山「大観峰」の紅葉 黒部湖や後立山連峰の絶景
立山トンネル「トロリーバス」立山黒部貫光8000形無軌条電車
当方の北陸関連オリジナル地図


スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 国宝「瑞龍寺」 国宝「瑞龍寺」富山県唯一の国宝を見逃してはいけません
  2. 能登金剛 能登金剛5選 失敗しない観光方法「巌門」能登金剛遊覧船などの攻略…
  3. 笹津橋 笹津橋公園 ブリ街道「飛騨街道」を支えたアーチ橋(国の登録有形文…
  4. 黒部峡谷の紅葉 黒部峡谷 黒部トロッコ列車終点「欅平」の楽しみ方
  5. 黒部湖遊覧船ガルベ 黒部湖遊覧船ガルベ 黒部湖の解説【立山黒部アルペンルート】
  6. 垂水の滝 垂水の滝 日本海にダイレクトに注がれる名瀑と窓岩?
  7. 山中温泉の名所旧跡ベスト5選~温泉以外の楽しみ方
  8. 平泉寺 平泉寺 コケに心洗われる壮大な宗教都市のおもかげ

スポンサーリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link


スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 羽田空港のパーキング混雑満車回避はこれしかない~羽田空港駐車場「満車」に備えて 羽田空港 駐車場 混雑
  2. 錦帯橋~木造五連アーチで日本三名橋とされる名勝の観光情報
PAGE TOP