三重・和歌山観光

橋杭岩 弘法大師伝説を生んだ大小40の奇岩群

橋杭岩



橋杭岩(はしぐいいわ)は、和歌山県東牟婁郡串本町の海岸にある奇岩群で、国の名勝、国の天然記念物にもなっている南紀の観光名所です。
約1500万年前の火成活動にて、海底に堆積していた泥岩層の間に、流紋岩(マグマ)が貫入し、その後、海の波による侵食によって、柔らかい泥岩部が速く侵食された結果、硬い石英斑岩が杭状に残り、橋脚が並んだような岩の連続となったものです。
とても珍しいですね。
串本から大島に向かって、約40個の岩柱が幅約850メートルに渡って直立しています。
朝日がとてもキレイな情景になることからも、日本の朝日百選にも認定されています。



沖にある弁天島は、弘法大師も訪れたことがあるとされますが、干潮時には弁天島まで歩いて渡ることができます。
ただし、インスタ映え的には、海水に浮かぶ岩の方がキレイですので、満潮時が一番良いかも知れません。

橋杭岩

あまりにも非現実的ではありますが、弘法大師の伝説もあります。
なんでも、弘法大師(空海)が天の邪鬼と、夜の間に朝日が昇るまで、大島まで架ける橋をどっちが早く作れるかと、競争をしたそうです。
しかし、負けそうになった天邪鬼(あまのじゃく)は、鶏の鳴きまねをして、夜が明けたと思わせました。
そのため、弘法大師は作業を止め、橋が完成することなく、杭だけで終わったという伝説があります。

私は、日本昔話などは大好きでして、浦島太郎・桃太郎・金太郎、鳥取の白兎、カッパ伝説など、おおいに興味がありますが、さすがに、この弘法大師の話は、空海さんを、少しバカにしているように思えてしまいます。
もう少し、マシな物語にならなかったのか?と、ちょっと残念に感じます。

例えば、人魚がかくれんぼした場所で、干潮のときには海水が引くので、村人も参加できたなど・・。
これもダメですね。(^-^)

ただ、このような景勝地では、こんな感じで、自分で伝説を考えてみるのも、一考かと存じます。

橋杭岩

昔は国道42号沿いに、ただの駐車スペースがあるだけでしたが、2013年に道の駅「くしもと橋杭岩」がオープンしました。

道の駅「くしもと橋杭岩」

橋杭岩の見学は無料で、道の駅には2階に展望台も設置されています。

写真では全体像が収まらないため、動画でも撮影してみましたので、1度ご覧頂けますと幸いです。

毎年11月には「橋杭岩のライトアップ」も行われるようです。

交通アクセスですが、電車(鉄道)の場合、JR紀勢本線「串本駅」から徒歩約20分、またはタクシーで約2分となります。

虫喰岩 国の天然記念物である珍しい奇岩
本州最南端の碑「潮岬」
円月島 南紀白浜のシンボル
樫野埼灯台 トルコ軍艦遭難慰霊碑 日本とトルコ友好の証
5分でわかる空海の生涯~真言宗の弘法大師
熊野三山めぐり 熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 高野山奥の院にある戦国武将供養碑特集~有名武将の墓所総覧に挑む
  2. 伊勢神宮・鳥羽と答志島 2泊3日の旅 ① 伊勢湾フェリー
  3. 長保寺 長保寺 3つの国宝建築物を有する立派なお寺
  4. 南紀白浜・千畳敷 南紀白浜・千畳敷 太平洋に突き出した絶景ポイント
  5. 紀三井寺 紀三井寺 3つの霊泉 2020年には50年に一度の本尊御開帳
  6. 高野山と南紀熊野三山 2泊3日の旅 (南紀勝浦→白浜→関空 3日…
  7. 本州最南端の碑「潮岬」 本州最南端の碑「潮岬」 潮岬観光タワーでマグロを食す
  8. 伊勢神宮・鳥羽と答志島 2泊3日の旅 ③ 答志島



旅の思い出をお聞かせください

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 富士スバルライン 富士山5合目お手軽ドライブ【世界遺産】
  2. あ~松島や瑞巌寺と円通院~日本三景松島の見どころと福浦島散策情報(地上編)

PAGE TOP