旅行計画

北海道一周旅行 レンタカーなど自動車で周る行程の作り方




北海道1周や、3泊4日、4泊5日など、個人旅行でレンタカーを借りたり、自分の車やバイクで北海道旅行なさる場合の道路行程の組み方をご紹介致します。

北海道を車やバイクで、1日、どのくらいの距離を走れるものなのか?
答えを先に申し上げますと、北海道で観光しながら1日に移動できる最大距離の目安は400kmです。

これは旅行会社がツアーを企画する時の、北海道の移動での鉄則でもあります。

宿を出発して、途中観光地に寄ったりしながら、次の宿に入るまでの距離が最大400kmと言う事です。
仮に時速60kmで走行したとすると、約7時間で400kmに達します。
朝8時に出発したとして、その7時間後は15時ですね。途中で昼食を取ったり、観光したりすると、なんだかんだで17時前後になる訳です。
※冬季は制限速度以下で走る車が多いので、冬は300kmが基準です。

もちろん、小樽から知床まで、どこにも寄らないで600km走行することは可能です。
しかし、途中、どこも観光しないと、あとで後悔するんですね・・。
そのため、1日400kmが旅行する際の走行距離基準です。

1日400kmを超えると、運転手さんも運転が苦痛になってきますので、無理はしないように計画しましょう。



北海道の道路所要時間が簡単にわかるサイト

気になる北海道の道路移動に必要な所要時間ですが「北の道ナビ (国土交通省)」にて、距離と所要時間を検索できます。
まず、自分が観光したい場所をピックアップしたら、その観光地を周る為の大まかなルートを決めて、それで、上記サイトで移動に必要な時間を調べます。
すると、どの地点でホテルや旅館に宿泊したら良いか? などもわかってきます。
これで算出した距離と時間から、あなたでも「行程」を組むことが可能です。

レンタカーを借りる場合には、運転する家族・友人などは「全員」レンタカーを借りる際の窓口手続き時に「運転者」として登録しておきましょう。
借りる際に登録していない方が運転して事故を起こすと、保険適用されません。
もちろん、運転する人は、運転免許証をレンタカー会社の窓口で提出する必要があります。

自動車やバイクの運転にはいつもより慎重に

北海道の札幌市街地は渋滞もしますので、あまりスピード出せませんが、北海道の大部分は交通量も少ないので、スピードを出せてしまいます。
その為、快適な北海道での運転も、事故を起こすと、大きな事故となる事が多いので、北海道は事故を起こした際の死亡事故率が高いのです。
無謀な運転はもちろん禁物です。
例えば、直線道路で前の車を追い越す場合(センターラインを越えて追い越す場合)には注意が必要です。
対向車が遠くに見える場合に「大丈夫だ」と思っても、追い越ししない方が無難です。
その対向車も相当スピードを出している場合がありますので、あっという間に接近してきます。
正面衝突は死亡事故に繋がります。
その為、地元北海道の方は、正面衝突の怖さを良くご存じですので、追い越しは非常に慎重です。
路肩に停車している車両を、センターラインをはみ出て追い越す際にも、対向車が来ていたら、通過するのを待ったりして、絶対に無理はしない訳なのです。



また、警察によるスピード違反の取り締まりも結構やってます。
本州よりも多くスピード取り締まりを実施していると言う印象です。
北海道の場合、冬季は制限速度以下での走行も多く、取締じたいが危険なため、道路状況が良い夏(6月~9月)に、1年分の取締りを行う傾向があるようです。
私がこれまでに13回北海道を訪れて、見て学んだ経験から申し上げますと、高速を降りて一般道をちょっと進んだ辺りでネズミ捕りやっている場合も多いです。
また、1箇所スピード取り締まりやっていて「大丈夫だったから安心してスピードを上げる」と、その数キロ先でまた取締していると言う2重取締もありました。
スピードが出ていると、一発免停も有り得ますので、スピードは控えめにしましょう。(速い車やバイクがウシロに来たら、安全なところで道を譲って、追い越してもらいましょう。)
念の為記載しておきますと、免許停止の違反をしても、通知が自宅に届いて、免停開始になる日にちまでは運転できますので、旅行の継続(運転)は可能です。

北海道のスピード違反取り締まりにはご注意を~傾向と対策

広い北海道ですので、万が一の時には、救急車が現場に到着するのにも、かなり時間が掛かかります。
更に、東京や大阪のように病院もたくさんありませんので、搬送にも時間が掛かります。
そのような事にならないよう、気をゆるませず、安全運転でお願い申し上げます。

 北海道は、1日最高400km以内の移動距離で行程を組む
 スピードの出し過ぎにご注意を

超静音サイレントタイヤ車輪の機内持込みスーツケースはこれだ
北海道「本当」のクチコミ観光便利情報は北海道カテゴリより
北海道のスピード違反取り締まりにはご注意を~傾向と対策
路面電車が走っている道路をクルマで右折する場合?
北海道の日帰り温泉情報はこちら





髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 小樽観光 小樽観光 レンタカーで訪れる際に失敗しない駐車場情報と観光5選
  2. 三沢空港 三沢空港にラウンジはあるのか? 三沢空港での暇つぶし方法
  3. ローソンのポンタカード(セゾン)VISAでJALタッチアンドゴーが読み込まない ローソンのポンタカード(セゾン)VISAのJMB会員「ICチップ…
  4. 鰊御殿 鰊御殿(ニシンゴテン)とは? 便利な駐車場を解説【小樽観光】
  5. 佐渡汽船 佐渡汽船 少しでもお得に乗船「攻略」ガイド【佐渡観光】
  6. カムイワッカ湯の滝 カムイワッカ湯の滝と世界遺産の知床半島「自然の本気」を感じる旅
  7. 四季彩の丘 四季彩の丘 北海道旅行の感動体験・絶景体験に最適なテーマパーク
  8. USJの簡単攻略法 ハリーポッターエリアの入り方など超初心者向け…



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link


スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 北海道のスピード違反取り締まりにはご注意を~傾向と対策 北海道
  2. 知床斜里「天に続く道」一度は見ておきたい斜里町の絶景ルート 天に続く道
PAGE TOP