旅行計画

井伊直虎ゆかりの地を楽しく観光~お勧めスポット10選【おんな城主・直虎】


 スポンサーリンク


柴咲コウさん主演の2017年NHK大河ドラマ「おんな城主・直虎」の放送にて注目されている、静岡・浜松の井伊谷や井伊直虎にまつわる「観光スポット」などをランキング形式にてベスト10をご紹介致します。

なお、掲載している順番は、元添乗員である私がお勧めする観光順番でもあり、効率よく訪問する事が可能です。
まずはなんと言っても最大の注目観光地である「龍潭寺」からご紹介させて頂きます。


 スポンサーリンク

龍潭寺

浜松・龍潭寺(りょうたんじ)は、井伊直虎の良い相談相手であった南渓瑞聞が和尚を務めていた寺院でもあります。

そして、井伊家の菩提寺として、井伊直虎の供養塔を初め、井伊家・当主の墓所も控えています。
下記写真の左から、井伊直政の墓、井伊直親・正室の墓、井伊直親の墓、井伊直虎の墓、そして右端が井伊直盛・正室の墓となります。

下記は井伊直盛の墓です。

また、有料拝観致しますと、龍潭寺の中を見学できるだけでなく、国指定の名勝にも指定されている見事な「庭園」を見学もできます。
せっかく訪問したのですから、有料拝観もしておきましょう。
龍潭寺では有料でお抹茶サービスもあり、井伊谷で一番の観光名所となっております。
詳しくは下記のページにてご確認願います。
駐車場情報なども入っていますが、2017年は観光客が増加すると考えられますので、駐車場は平日でも満車気味になるかも知れませんが、恐らくは臨時駐車場などの設定がされるものと推測致します。
また、井伊直虎関係のお土産が買えるのは、ここの龍潭寺か、のちほどご紹介する大河ドラマ館くらいになってきます。

大河ドラマで注目「龍潭寺」みどころと南渓瑞聞とは~井伊家発祥の井戸も
龍潭寺の国指定名勝「庭園」特集【大河ドラマ おんな城主 直虎】

なお、龍潭寺の境内に入って正面に進むと有料拝観の出入口となります。
境内に入って左手へ進むと墓地があり、そのちょい先が井伊家墓所となります。
井伊家墓所の左脇には、井伊家の重臣らの墓もあり、新野左馬助の墓、井伊氏の一族中野氏の墓奥山氏の墓鈴木重時の墓などをお参りする事が可能です。
これらの墓所は有料拝観にはなっておらず、無料でお参り可能です。
あと、山門から左に入ったところには、次郎法師と母・祐椿尼が晩年を過ごしたとされる松岳院跡もあります。
また、井伊家墓所を通り過ぎて裏手に周りますと、井伊谷宮に出れます。

井伊谷宮

井伊谷宮宗良親王を祀った神社です。
南北朝時代に井伊家が南朝に味方し、宗良親王を井伊谷城に迎えていました。
井伊直虎が活躍した時代より、前の時代ですので、直接ゆかりがある訳ではございませんが、龍潭寺のすぐ裏ですので、時間が許せば龍潭寺とセットでお参りしましょう。
クルマは龍潭寺の駐車場に止めたままで大丈夫です。
水につけると字が浮き上がる「水みくじ」も珍しいので是非どうぞ。

井伊谷宮

井伊家発祥の井戸

その龍潭寺より南側の田んぼの方へ進みますと「井伊家発祥の井戸」があります。
まさに田んぼの中にあります。

龍潭寺の駐車場に止められたら、道路を横断して徒歩で向かうと良いかと存じます。
結構、車の往来があり危ないですので、きちんと横断歩道を渡ってください。
近くに行けばわかるのですが、近くに行くまではちょっと場所が分かりにくいかも知れませんので、詳しくは下記のリンク先を合わせてご覧願えますと幸いです。

大河ドラマで注目「龍潭寺」みどころと南渓瑞聞とは~井伊家発祥の井戸も

妙雲寺

妙雲寺井伊直虎(次郎法師)が創建したとされ、晩年に余生を過ごしたとされる寺です。

周辺は新興住宅地へと様変わりしており、妙雲寺の境内も現時点では特筆すべきものは無いのですが、井伊直虎の位牌が本堂に安置されています。
ただし、通常は誰もいないので見学不可です。
住職さんがいれば、お願いして位牌など見学させて頂く事は可能らしいですので、2017年は土日祝などに公開される可能性もあるのではと推測しています。
妙雲寺の場所ですが、下記の地図ポイント地点となります。
駐車場も通常は閉鎖されているのですが、2017年はオープンしているものと推測致します。

天白磐座遺跡と渭伊神社

天白磐座遺跡には巨石があり、古代から祭祀の場所となっていたと考えられています。
大河ドラマでもこの天白磐座遺跡にて実際にロケも行われて、井伊直虎(おとわ)が隠れたりシーンが撮影されています。

こちらも直接、井伊直虎とは関係ありませんが、井伊家の存亡を切り抜ける際に、このパワースポットは井伊直虎も当然お参りしたのではないか?と小生は感じております。
子供の頃には、ココで遊んでいたかも知れません。
妙雲寺からほど近いですので、時間が許せば、是非、訪問なさってみて下さい。

天白磐座遺跡~古代から伝わる神聖なパワースポットと渭伊神社

井伊谷城

井伊谷城はかつて井伊家の本拠地でした。
ただし、有事の際の詰めの城として機能し、平時は麓や中腹にあったと推定される屋敷にて生活していたものと考えます。
とは言え、充分に井伊直虎にも由縁ある井伊谷(いいや)を代表する観光スポットで、大河ドラマでも登場します。
本丸部分からは展望もあり、井伊直虎が過ごした井伊谷がどんなところか、一目でわかります。
レジャーシートを持参すれば、お弁当を持参してピクニックも可能です。

なお、日頃運動不足の方にはちょっときつい坂道が待っています。
高齢者の方も、ある程度は覚悟がいります。
夏場などには熱中症対策として「水分補給」ができる体制をお願いしたく存じます。

駐車場などの情報は下記ページにて詳しくご紹介させて頂いております。

井伊谷城と井殿の塚の訪問記~駐車場情報など【おんな城主・直虎】

井殿の塚

井伊家の家老・小野道高(小野和泉守道高、小野政直)の讒言により殺害された井伊直義の墓があります。

井伊谷城の登城口からほど近いですので、井伊谷城に登った際に車を止めたら、その帰りにでもセットで訪問してお参りすると良いです。
場所などは下記ページの下部にてご紹介させて頂いております。

井伊谷城と井殿の塚の訪問記~駐車場情報など【おんな城主・直虎】

足切観音

現在、足切観音がある場所は、井伊直虎の叔父・井伊直満の屋敷跡とされています。
1572年に武田信玄の重臣・山県昌景が井伊谷に侵攻した際に、足切観音堂が焼かれたとあります。
特に見どころと言う訳ではありませんが、時間が許せばご訪問なさってみてください。

井伊谷城の麓にある井伊直満の屋敷跡

三岳城(三嶽城)

井伊直虎の父・井伊直盛が今川家を裏切って攻め込まれた際に籠城したのが三岳城(三嶽城)です。

かなりの山城で、軽登山の装備が必要ですので、ご興味がある方のみご訪問なさってみて頂ければと存じます。

三岳城(三嶽城)~井伊家が籠城した山城

井伊直親の墓

井伊直虎(次郎法師)が幼い頃に婚約者とされたのが井伊直親ですが、その井伊直親の墓へのお参りも欠かせません。
なお、井伊直親の墓は井伊谷からはちょっと離れた南側の地である細江町にあります。

詳しい地図や場所などは下記ページをご参照願います。

井伊直親とは~そして井伊家を救った新野親矩と松下清景の生涯

なお、近くには「直虎」の花押が入った古文書で有名な もありますので、合わせてどうぞ。

関口氏経とは~蜂前神社も

大河ドラマ館

なお、2017年の大河ドラマ放送に合わせて、気賀駅の南側にある「市みをつくし文化センター」に期間限定で「大河ドラマ館」がオープンします。
開館は期間限定で、2017年1月15日~2018年1月14日までの約1年間です。

なお、大河ドラマ館は、井伊谷にはありません。
井伊谷から車で約10分離れた、遠州鉄道の「気賀駅」の近くになります。

大河ドラマ館への行き方・アクセスですが、下記の地図ポイント地点となります。
現地では臨時駐車場情報などの表示や係員さんの誘導に従って頂けますと幸いです。

この大河ドラマ館も是非あわせて訪問してみたいところです。
大河ドラマ館の公式パンフレット(PDF)がありますので、合わせてご確認いただけますと幸いです。

大河ドラマ館



堀川城跡

大河ドラマ館がある気賀まで行った場合、徳川家康に関連する堀川城が近くにあります。
もし、ご興味があればどうぞ。

堀川城の戦いと刑部城の戦い~徳川家康のなで斬り?

引馬城(曳馬城)

引馬城(曳馬城)も大河ドラマでは登場します。
ただし、現在は市街地にあり、僅かに遺構が残るだけですので、ロケまでは行われないとは存じます。
しかし、レッキとしたゆかりある場所です。

浜松城が完成する前に使用されていたのが引馬城(曳馬城)で、のちに徳川家康が占領すると浜松城を造営しました。
ただし、井伊谷からは車で約16km(約30分)と離れていますし、浜松付近は渋滞もありますので、余裕をもって訪れたいところです。

浜松城(引馬城、曳馬城、引間城) 訪問記・写真集

浜松城

もちろん、浜松城も天守などが復元されていますので、合わせてご訪問願いたく存じます。
天守閣は大人が200円、中学生以下は無料で拝観で入れます。
開館時間は朝8時30分~夕方16時20分までが受付で、年末の12月29日~31日は休館です。
浜松城の観光所要時間は約40分といった感じです。

浜松城(引馬城、曳馬城、引間城) 訪問記・写真集

椿姫観音

あと浜松には、飯尾連竜とお田鶴の方(椿姫)に関連する「椿姫観音」があります。
住宅街の中に、ぽつんと保存されている形ではありますが、お時間がゆるせばいかがでしょうか?

飯尾連竜とお田鶴の方・椿姫【女城主】椿姫観音

以上、井伊谷の龍潭寺から浜松城まで(三岳城と大河ドラマ館を除く)の観光所要時間は、ざっと約5時間+昼食時間といったところです。



ロケ地「高根城」

番外編となりますが、前田吟さん演じる井伊直平と、まだ幼い「おとわ」のシーンが高根城跡にて撮影されています。

浜松市内と申しましても、かなり山の方になりますので、結構遠いのですが、時間があればお勧めの公園整備されている山城です。

高根城の訪問記~武田流の中世山城を忠実に復元した高根城公園

もうひとつ、ロケ地があります。

宿蘆寺

堀江城主・大沢基胤が、気賀に城を築城する際に登場しますが、その大澤家の菩提寺である「宿蘆寺」(しゅくろじ)が、龍潭寺の山門かわりにロケが行われました。

こちらも駐車場ありますので、舘山寺温泉にでも宿泊なさった場合には、ぜひ、訪れてみて頂けますと幸いです。

大沢基胤と舘山寺温泉の堀江城~菩提寺「宿蘆寺」

もっと色々周りたい

上記では簡潔に観光スポットをご紹介致しましたが、井伊直虎にゆかるある史跡はもっとたくさんあります。
例えば、井伊直平の川名の里、亀之丞(井伊直親)の逃亡先などです。
下記の当方オリジナルGoogleマップにまとめてありますので、もっと、色々と見学したいと言う場合にはご活用頂けますと幸いです。
スマホにてGoogleMAPよりアクセスすれば、カーナビ代わりとしても使用できるので、便利ですよ。

井伊谷や直虎ゆかりの観光スポット・Googleオリジナル地図



お勧め日帰り温泉

井伊谷には温泉がありません。
舘山寺温泉にも日帰り入浴可能な施設がいくつかあります。
しかし、温泉ソムリエでもある私のお勧めと致しましては「あらたまの湯」がお勧めです。
詳しくは下記をご参照願います。

浜北温泉・あらたまの湯

新東名の浜松SAスマートICも近いですので、帰りにちょっと寄って汗を流すのには最適です。
タオル・バスタオルを持参すると良いですが、忘れても別料金でレンタル可能です。

子供のお楽しみ「浜松基地」

史跡ばかりの訪問だと、子供がつまらないと言いだしても、浜松であれば心配いりません。
浜松にある航空自衛隊「浜松基地」には「広報館」と言う名の「エアーパーク」があります。
要するに航空機に関するテーマパークでして、駐車場無料、入館も無料で、子供向けには野外に遊具広場があります。
そのため、ご家族連れではそんなにお金もかかりませんし、お勧めです。

お土産品店や軽食がある喫茶店もあるだけでなく、F-2戦闘機、F-1支援戦闘機、F-104J戦闘機、F-86F戦闘機、零式艦上戦闘機52型の展示などもありますので、大人でも楽しめると存じますし、雨の日の訪問先にも良いです。
朝9時から開いてますが、おしまいは夕方16時とちょっと早いので注意が必要です。
詳しくは下記をご参照願えますと幸いです。

浜松基地のエアーパーク~入場無料・駐車場無料で子供も大満足な航空展示

宿泊するなら「舘山寺温泉」

井伊谷付近にはあまり旅館・ホテルがありませんので、もし、ご宿泊されるようでしたら「浜名湖かんざんじ温泉」がお勧めです。
井伊谷から車で20分~30分の距離となり、そんなに遠くありません。

素泊まりでしたら1泊4000円くらいからありますし、なんと言っても温泉に浸かってゆっくりと旅の疲れを癒せます。
また、舘山寺には子供向けの遊園地もありますので、家族サービスにももってこいです。

かんざんじ温泉の旅館・ホテル(楽天トラベル)

国内航空・レンタカーの格安セットなら下記がお勧め。

下記のオリジナルGoogleマップではズバリ、井伊直虎に関する史跡を正確に示させて頂いております。
よければ、ご活用頂けますと幸いです。


大きな地図で見る場合はこちら



大河ドラマ「おんな城主 直虎」キャスト・出演者一覧リスト
井伊直虎とは井伊谷のおんな城主~柴咲コウさんが演じる次郎法師
5分でわかる井伊直虎の波乱な生涯~次郎法師の運命【おんな城主直虎】
おんな城主の主人公・井伊直虎についての詳細版はこちら
井伊直親とは~井伊家を継ぐもその悲運となった生涯と直虎との関係
井伊直政が徳川家で活躍するまではこちら
桶狭間の戦いとは~桶狭間はこんなところだったよ~桶狭間古戦場跡
浜松城(引馬城、曳馬城、引間城)の観光攻略&訪問記・写真集
岡崎城とは~徳川家康誕生の城の写真集・駐車場情報など
奥山方広寺と半僧坊~三河の井伊谷近くにある幻想的な参道と五百羅漢
鳳来寺と鳳来山東照宮~井伊直政も見た壮麗的な三河の景色
おんな城主・直虎関連カテゴリはこちら
上野の西郷どんに会いに行こう~西郷隆盛の銅像が見すえる東京
西郷隆盛ゆかりの地を効率よく巡る方法と見どころ紹介~鹿児島・奄美大島編
ロケ地情報(地図あり)「西郷どん」2018年NHK大河ドラマ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

★元旅行会社勤務の私も驚きの価格にビックリ。
ほぼ毎月利用しています。例えば東京発25000円で松山1泊旅行に行けました。(^^)
レンタカーやオプションも激安です。
一度、比較してみてください。
JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー



 スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. てるみくらぶ「救済処置」「相談先」などの情報~補償の受け方など
  2. JAL工場見学~SKY MUSEUM見学 事前に知っておくと良い…
  3. 青森・白神山地方面1泊2日の旅【旅行計画に】
  4. 姫路・大阪・高野山3日間の旅【真田幸村のゆかりの地】総合計画編
  5. プライオリティパスは楽天プレミアムカードで付帯取得するのが一番お…
  6. 新府城から天目山の戦いまで武田勝頼一行の足跡を辿る山梨史跡巡り
  7. 諏訪原城 駐車場・観光順路コース・所要時間情報
  8. 国内出張や旅行に便利なアイテムやグッズの便利度ベスト10

旅の思い出をどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 4月 08日
  2. 2016年 4月 08日
  3. 2016年 4月 24日
  4. 2016年 4月 26日
  5. 2016年 5月 27日
  6. 2016年 5月 30日
  7. 2016年 5月 30日
  8. 2016年 5月 30日
  9. 2016年 7月 14日
  10. 2016年 10月 13日
  11. 2016年 10月 14日
  12. 2016年 11月 13日
  13. 2016年 11月 13日
  14. 2016年 11月 13日
  15. 2016年 11月 19日
  16. 2016年 11月 29日
  17. 2016年 11月 30日
  18. 2016年 11月 30日
  19. 2016年 12月 12日
  20. 2016年 12月 17日
  21. 2016年 12月 22日
  22. 2016年 12月 22日
  23. 2017年 1月 04日
  24. 2017年 1月 09日
  25. 2017年 1月 12日
  26. 2017年 1月 12日
  27. 2017年 1月 12日
  28. 2017年 1月 12日
  29. 2017年 1月 13日
  30. 2017年 1月 15日
  31. 2017年 1月 16日
  32. 2017年 1月 18日
  33. 2017年 1月 31日
  34. 2017年 4月 23日
  35. 2017年 4月 28日
  36. 2017年 4月 28日
  37. 2017年 4月 29日
  38. 2017年 5月 10日
  39. 2017年 5月 21日
  40. 2017年 5月 24日
  41. 2017年 6月 02日
  42. 2017年 6月 03日
  43. 2017年 7月 02日
  44. 2017年 7月 29日
  45. 2017年 7月 30日
  46. 2017年 7月 30日
  47. 2017年 7月 30日
  48. 2017年 8月 27日
  49. 2017年 9月 20日
  50. 2017年 9月 21日
  51. 2017年 9月 21日
  52. 2017年 9月 22日
  53. 2017年 9月 25日
  54. 2017年 9月 26日
  55. 2017年 9月 26日
  56. 2017年 10月 05日
  57. 2017年 12月 24日
  58. 2017年 12月 24日
  59. 2017年 12月 24日
  60. 2018年 1月 11日
  61. 2018年 2月 08日
  62. 2018年 5月 07日
  63. 2018年 6月 14日

CAPTCHA


Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 名水百選「ごろごろ水」 甘みも感じるpH8.2奈良の天然水
  2. 大江広元の墓・島津忠久の墓・毛利季光の墓【北条政子ゆかりの地を散策】

PAGE TOP