パワースポット

明月院~あじさいが咲いていない季節にゆっくり鎌倉訪問するのも良い


スポンサーリンク



鎌倉のあじさい寺として、ニュース番組などでも度々取り上げられる、国指定史跡の明月院(めいげついん)。

鎌倉らしい谷戸の細い道を進むと、下記のような明月院の入口が見えてきます。

 明月院

京都などの立派な寺院や、円覚寺・建長寺などと趣きが異なり、派手さはありませんが、鎌倉時代を偲ぶ雰囲気が明月院にはあります。
平日だと言うのに、想像以上に多くの観光客が訪れていました。半分くらいは外国人の観光客のようです。

あじさいで有名な明月院

あじさいに囲まれた通路を上がって行くと、下記の本堂(方丈)にたどり着きます。

明月院の本堂

本堂の手前にはなかなか立派な枯山水庭園があります。
鎌倉では珍しいかも知れませんね。

明月院の枯山水庭園

本堂の奥へと進むと「やぐら」がある「開山堂」に出ます。
明月院境内全域が国指定史跡になっています。

明月院の開山堂

開山堂の右手には「瓶の井」(つるべのい)と言う井戸があります。鎌倉十井の1つです。

明月院・瓶の井

他にも境内には雰囲気ある木橋などもあります。
観光所要時間は30分もあれば良いでしょう。
なお、境内には「茶屋」があり、抹茶や和菓子などを頂く事も可能です。

明月院の木橋

なお、あじさい(紫陽花)のシーズンには入場規制するほど、たくさんの観光客が訪れます。平日でも行列ができ、60分ぐらい待つ覚悟が必要です。土日はもっとです。
そのため、時間に余裕があれば、開門前から並んで入場するのがベストと言えます。
ただし、あじさいは古来から植えられていたものではなく、昭和20年を過ぎてから「手入れが簡単だから」と言う理由で境内に植えられたものです。
でも、やってみるものですね。
その「あじさい」が見事だと言う事で、数多い鎌倉の寺院の中でもその名が知られ、大勢の観光客が訪れるのですからね。
ちなみに、明月院のあじさいの見頃は、6月中旬から7月中旬頃ですが、境内のトイレも数が少ないので、駅などでトイレ済ませてから訪れた方が無難です。


スポンサーリンク

なお、境内には北条時頼の墓と、上杉憲方の墓がありますが、その詳細に関しては下記にてご紹介していますので、ここでは省かせて頂きます。

 ・明月院~北条時頼の墓と上杉憲方の墓【鎌倉・あじさい寺】

拝観料金はあじさいのシーズンは大人500円、子供300円。
その他のシーズンは300円均一です。
拝観時間ですが、あじさいのシーズンは朝8:30~17:00。
通常期は9:00~16:00です。
裏庭の庭園は「ハナショウブ」と「紅葉」の季節だけ、500円にて特別公開されます。

皆様も機会がございましたら、明月院お勧めですので、是非、訪れてみください。


スポンサーリンク



行き方・アクセス

電車の場合は、JR横須賀線の北鎌倉駅から、線路沿いを歩いて約10分。
車の場合には、明月院付近には駐車場はないので、下記のコインパーキングに止めて行きました。
※土日祝やあじさいのシーズンはこの100円パーキングも混雑気味となりますので、電車の方が無難です。

神奈川県の日帰り温泉クチコミ情報


スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 護良親王の墓と鎌倉宮(大塔宮)【鎌倉の観光スポット】
  2. 徳川家康が眠る久能山東照宮のみどころ
  3. 鎌倉「長谷寺」 鎌倉「長谷寺」 鎌倉の西方極楽浄土を再現しているとも
  4. 朝護孫子寺 朝護孫子寺 ほとんどの願い事が可能な信仰の場
  5. 鎌倉の大仏 鎌倉の大仏 一度は拝観しておきたい国宝のスゴイところ
  6. 琵琶湖東岸の湖北・湖東にある戦国時代史跡スポットを巡る1泊2日の…
  7. 出雲大社 出雲大社【正しい参拝方法】解説 ご祈祷情報も
  8. 天河大弁財天社(天河神社) 天河大弁財天社 神様から呼ばれないと行けない奈良の天河神社?

スポンサーリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link


スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 姫路城の西の丸【千姫ゆかりの化粧櫓】訪問記・写真集
  2. 平泉寺 コケに心洗われる壮大な宗教都市のおもかげ 平泉寺
PAGE TOP