鎌倉観光

鎌倉「長谷寺」 鎌倉の西方極楽浄土を再現しているとも

鎌倉「長谷寺」



鎌倉の長谷寺(はせでら)は、神奈川県鎌倉市にあるお寺で、長谷観音とも呼ばれます。

創建は奈良時代の天平8年(736年)に大和の長谷寺(奈良県桜井市)の開基・徳道を、藤原房前(おとどふじわらの-ふささき)が招請して、十一面観音像(長谷観音)を本尊にして開山したとされますが、正確な創建はわかっていません。

ちなみに、この十一面観音像は、徳道が721年に、初瀬川に流れ着いたていた巨大な楠の木から、2体の十一面観音を造ったと言います。
像高9.18メートルの巨像であり、その1体は大和・長谷寺の本尊です。
もう1体は、祈請をして、海に流したところ、その15年後に相模・三浦半島の長井の浦に漂流し、鎌倉に安置して開いたと言う伝承があります。
観音像にはたくさんの「かきがら」が付着していたとも伝わり、蛎殻に守られていたと信じられたようです。



ちなみに、大和・長谷寺の十一面観音像は高さ約8.6mですので、鎌倉の長谷寺よりはちょっと小さいようです。
ただし、太政大臣・藤原房前も、大和・長谷寺の建造に協力していますので、鎌倉の長谷寺と両方に関与していることが伺えます。
藤原北家(ふじわらほっけ)の祖が、藤原房前でして、武家として宇都宮氏・小田氏、那須氏、上杉氏、伊達氏、斎藤氏・加藤氏、奥州藤原氏・足利氏・小山氏・結城氏・佐野氏と行った名門を排出しています。

鎌倉の長谷寺のその後としては、国の重要文化財に指定されている鐘の銘文から1264年には、長谷寺があったことが確実ですが、当時は「新長谷寺」と呼ばれていたようですので、もっと、低地のところから安全な高台に移転してきたのかも知れません。

鎌倉「長谷寺」

1342年には、足利尊氏が伽藍と諸像の修復を行いました。
1392年には、足利義満が観音像の光背を修復しており、行基の作という像を前立(まえだち)として安置しています。

このような経緯もあり、本尊の十一面観音像は、創建時のものではなく、概ね室町時代の作で、多くの修復が行われていると推測されるとのことです。

戦国時代になると1547年に、小田原主・北条氏康が寄進しており、天正19年(1591年)には、江戸城に入った徳川家康から朱印状を受けています。
徳川家康が関ヶ原に出陣した際にも立ち寄り、戦勝祈願しました。
江戸時代になると、慶長12年(1607年)には徳川幕府によって堂塔伽藍の修復が行われ、このとき光明寺の支配下に入り、浄土宗に改宗しています。
正保2年(1645年)にも、大老・酒井忠勝が堂宇をなおしています。

それらま諸堂も、関東大震災で倒壊したため、現在の建物は、その後の再建となっています。

鎌倉「長谷寺」

下境内は、妙智池と放生池があり、散策できる回遊式庭園になっています。

鎌倉「長谷寺」

階段を上がって行った上の境内には、本尊である十一面観音菩薩像(長谷観音)が安置される観音堂などがあります。

鎌倉「長谷寺」

開運厄除・商売繁昌、無病息災・厄災消除、病気平癒、良縁成就、家内安全、心願成就などのご祈願で知られますが、水子供養でも有名です。

鎌倉「長谷寺」

経蔵は一切経が収められている建物で「輪蔵」と呼ばれる回転式の書架を一回転すると、一切経をすべて読んだのと同じ功徳があるとされています。

鎌倉「長谷寺」

なお、是非、境内で訪れて頂きたいのは「弁天窟」です。追加料金は不要です。
下記の鳥居から入っていきます。

弁天窟

弁天窟は弘法大師が参籠したとも言う、手堀りの「洞窟」になっています。

弁天窟

かつては「出世弁財天」と呼ばれ信仰を集めた弁天様が祀られていました。
現在は観音ミュージアムに移されているため「福徳弁財天」が祀られています。

弁天窟

見晴台からは鎌倉の街や由比ヶ浜などの海が一望できます。

鎌倉「長谷寺」

テーブルもありますので、お弁当を持参しても良さそうです。

また、春の長谷寺は、桜が見事なことから、サクラの名所としても親しまれています。
長谷寺の桜は3月下旬~4月初旬頃が見ごろです。

更に、傾斜地を利用した「眺望散策路」があり、40種類以上約2500株のアジサイがあることでも知られ、梅雨の季節には「アジサイの径」(こみち)として散策すると良いです。

鎌倉「長谷寺」

そして、紅葉の時期も、真っ赤になった紅葉と、池とのコントラストも素晴らしく、四季を通じて魅力を発信しています。

鎌倉・長谷寺

鎌倉・長谷寺の拝観は有料で、3月~9月が朝8時~17時30分、冬期の10月~2月は朝8時~17時です。
拝観料は300円(小学生100円)となり、スイカ・パスモなどの交通系ICカードが使えます。
JAF会員証などを窓口に提示すると、記念ハガキをもらえます。
観音ミュージアムは9時~16時30分で、別途入館料が必要です。

鎌倉「長谷寺」

交通アクセスですが、江ノ島電鉄(江ノ電)の「長谷駅」から徒歩5分となります。
鎌倉駅から歩くと30分くらいとなります。
ただし、歩道が狭いので、歩いている方が多いと10分くらい掛かるかも知れません。



クルマの場合、長谷寺の有料駐車場30台が、山門の左手にありますが、土日祝やアジサイの時期はすぐに満車になります。
そのため、鎌倉の大仏あたりのコインパーキングなどに止めて訪問するのも一考です。

見学所要時間は、中腹の本堂と見晴台まででしたら、約40分といったところです。
鎌倉の大仏(高徳院)とセットでどうぞ。

鎌倉の大仏 一度は拝観しておきたい国宝
鎌倉 極楽寺~成就院~虚空蔵堂~御霊神社~長谷寺 お気軽散策60分コース
江ノ電「江ノ島電鉄」の日本唯一イロイロ
護良親王の墓と鎌倉宮(大塔宮)
江の島岩屋洞窟 節約して賢くお得に訪問する方法
奈良・長谷寺 国宝の本堂など見どころと狭い門前町のお勧め駐車場
鎌倉散策にも便利なオリジナルGoogleマップ





髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 円覚寺三門(山門) 円覚寺と東慶寺 (北鎌倉) 訪問記
  2. 鎌倉の大仏 鎌倉の大仏 一度は拝観しておきたい国宝のスゴイところ
  3. 鶴岡八幡宮 鶴岡八幡宮 歴史観点からの観光参拝みどころ 駐車場の位置も
  4. 護良親王の墓と鎌倉宮(大塔宮)【鎌倉の観光スポット】
  5. 江の島岩屋洞窟 江の島岩屋洞窟 節約して賢くお得に訪問する方法
  6. 鎌倉 源頼朝の墓【北条政子ゆかりの地を散策】
  7. 大江広元の墓・島津忠久の墓・毛利季光の墓【北条政子ゆかりの地を散…
  8. 常楽寺の大姫と木曽義高の墓【北条政子ゆかりの地を散策】大船編



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link


スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 鶴岡八幡宮 歴史観点からの観光参拝みどころ 駐車場の位置も 鶴岡八幡宮
  2. 安楽寺と国宝【八角三重塔】長野県上田市別所温泉
PAGE TOP