鎌倉観光

鎌倉・海蔵寺の歴史解説~底脱の井・手掘りトンネルの先にある十六の井

鎌倉・海蔵寺

スポンサーリンク



鎌倉・海蔵寺とは

拝観時間 : 9時30分~16時
拝観料 : 十六ノ井のみ100円
トイレ : 境内にあり
山号 : 扇谷山(せんこくざん)
宗派 : 臨済宗建長寺派
創建 : 1394年(応永元年)
開山 : 心昭空外
開基:上杉氏定
本尊:薬師如来
庭園 : 非公開(本堂の裏)

鎌倉・海蔵寺

鎌倉・海蔵寺(かいぞうじ)は、神奈川県鎌倉市扇ガ谷にある臨済宗の寺院です。
鎌倉時代の1253年、宗尊親王の命を受けて、七堂伽藍を有する鎌倉・海蔵寺を、藤原仲能が創建したとあります。
鎌倉幕府が、後嵯峨上皇の皇子を新将軍とすることにし、宗尊親王(むねたかしんのう)が、1252年4月、11歳で鎌倉に入ります。
このとき、後見人として鎌倉に赴任したのが、藤原仲能です。
藤原仲能は、鎌倉幕府の評定衆にも加わり、陸奥守、伊賀守、能登守を務めました。
1256年(建長8年)12月9日に死去しますが、道智禅師と呼ばれたようで、位牌が海蔵寺に現存しています。
また、海蔵寺の裏山にあたる源氏山の葛原岡神社近くに、藤原仲能の墓跡の石碑が残っています。


スポンサーリンク



鎌倉幕府が滅亡した際に、新田義貞の軍勢などが、火をかけたようで伽藍が消失します。
その後、再建したのは、室町時代の応永元年(1394年)で、鎌倉公方・足利氏満の命を受けた上杉氏定によるものでした。
開山は、心昭空外とされ、現在の海蔵寺は、この1394年を創建として公表しています。
上杉氏定(うえすぎ-うじさだ)は、扇谷・上杉家の当主で、鎌倉公方・足利氏満、足利満兼、足利持氏の3代に仕えました。

鎌倉・海蔵寺

1417年、上杉禅秀の乱の際に、鎌倉が落ち、重傷を負った上杉氏定は、藤沢・遊行寺(清浄光寺)にて自刃しています。
その後、海蔵寺は、扇谷・上杉氏に保護されたようです。
ご本尊は薬師如来(胎内に啼薬師が納められている)になります。

底脱の井

鎌倉・海蔵寺の入口右に、底脱の井(そこぬけのい)と言う湧き水があります。
鎌倉十井(じっせい)のひとつとされます。

底脱の井

水を汲みに来た女性が、くみあげた水桶を頭にのせたら、とたんに底がぬけ、水をあびてしまったと言う伝承があります。
この女性は、鎌倉時代に、出家した安達泰盛の娘・安達千代野(千代能)であり、「千代能がいただく桶の底ぬけて水たまらねは月もやどらず」と、詠んだ歌がのこっています。
また、上杉家の尼が「賎の女が戴く桶の底ぬけてひた身にかかる有明の月」と詠んだともあります。
現在、雨水は貯まっていることがありますが、湧水は枯れてしまったようです。

十六の井

とても不思議な16個の井戸です。
場所が分かりにくいのですが、十六の井への行き方は、海蔵寺の境内に入り、左手に進むと、赤い傘があり、100円納めて明記されています。

十六の井への行き方

そこから、狭い通路を進んで、軽自動車が抜けれるほどの、短いトンネルがあり、奥に民家が見えますが、迷わず突き進みます。

十六の井への行き方

トンネルを抜けて、崖沿いを少し進むと、右側の崖に穴が開いていて、その中に、十六の井があります。

十六の井

4m四方の人工の洞穴になっていますが、弘法大師が掘ったと伝わります。
その洞穴の中に、床面に、16個の井戸があるのです。

十六の井

規則正しく、四つずつ四列に並んでいる丸い穴ですので、人間が掘ったものであるのは、間違いなさそうです。
ただし、これが果たして井戸なのか?
岩肌からポタポタと水が染み出ている関係で、確かに水が溜まっています。
ただ、もともと、井戸目的であれば、穴は、大きな穴1個で充分ですし、近くには底脱の井などもあったので、わざわざ、崖を掘って、井戸を確保する必要性も感じられません。
と考えますと、鎌倉には「やぐら」と言い、崖に穴を掘って、納骨する風習があるため、墓地として掘ったのではと感じます。
しかし、他のやぐらと異なり、雨水が、染み出してしまったため、いつしか、墓地として使われることなく、現在に至ったのかな?と、勝手に想像しています。
なお、十六の井は有料拝観なのですが、厳密には、民家に通じる道路から行けてしまいます。
ただし、保存費用だけでなく、非公開にならないためにも、せこいことは考えず、きちんと100円奉納して、ご見学頂ければと願う次第です。


スポンサーリンク



鎌倉の紅葉は、例年10月下旬から12月中旬頃まで、楽しむことができます。
海蔵寺の境内には、公衆トイレもあります。

ご朱印は、裏口に「御朱印」の看板があります。
そこで、小さな鐘を、静かにならして、住職の方を待ちましょう。
御朱印はスタンプラリーではありません。
先客の御朱印を書いている時などには、当然、すぐにこれませんので、とにかく「静か」に待ってみてください。

交通アクセス

鎌倉駅の西口から歩くと、約1.5km、徒歩20分といったところです。
約20台ほどの拝観者用無料駐車場がありますが、土地が少ない鎌倉では珍しいです。
ただし、その駐車場までに行く、経路となる道路が、狭いうえに歩いている観光客も多いので、あまり運転して行きたくないところです。
行きだけでも、タクシー利用が良いかも知れません。


スポンサーリンク



海蔵寺から徒歩5分、手前のほうに、岩船地蔵堂や、景清の土牢(水鑑景清大居士の碑)もありますので、セットでどうぞ。
化粧坂(けわいざか)を登って、源氏山や銭洗弁天に出ても良いです。

藤原仲能の解説~鎌倉・海蔵寺を創建した大江広元の親類
鎌倉の報国寺と永享の乱・足利義久【竹林で癒されるパワースポット】
鎌倉「長谷寺」 鎌倉の西方極楽浄土を再現しているとも
扇谷上杉管領屋敷~扇谷・上杉家の鎌倉屋敷跡
鎌倉【やぐら】2分でわかりやすく解説~鎌倉独特「墓の特徴」
鎌倉など関東の史跡めぐりにも便利なオリジナル関東地図


スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 杉本寺 杉本寺の解説「鎌倉最古の寺」大蔵山杉本寺(杉本観音)
  2. 明月院~あじさいが咲いていない季節にゆっくり鎌倉訪問するのも良い…
  3. 鎌倉の大仏 鎌倉の大仏 一度は拝観しておきたい国宝のスゴイところ
  4. 円覚寺三門(山門) 円覚寺と東慶寺 (北鎌倉) 訪問記
  5. 建長寺・梵鐘 (国宝) 鎌倉「建長寺」の広い境内をゆっくり散策してみよう
  6. 鶴岡八幡宮 鶴岡八幡宮 歴史観点からの観光参拝みどころ 駐車場の位置も
  7. 源頼朝の墓 鎌倉 源頼朝の墓【北条政子ゆかりの地を散策】
  8. 江の島岩屋洞窟 江の島岩屋洞窟 節約して賢くお得に訪問する方法

スポンサーリンク




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link


スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 掛戸松島 夕焼けの絶景地(島根県) 掛戸松島
  2. 京都2泊3日旅行情報 2-4 嵐山の竹林散策と天龍寺の庭園
PAGE TOP