鎌倉観光

常楽寺の大姫と木曽義高の墓【北条政子ゆかりの地を散策】大船編




梅雨の晴れ間に、北条政子に関する史跡を訪れる為、大船・鎌倉に行って参りましたので、その時の散策に関して記録を残しておきます。
今回の目的地は源頼朝の正室「北条政子」にゆかるある史跡と言う事で、大船の「常楽寺」、「白旗神社」の源頼朝の墓、「寿福寺」北条政子の墓です。

そして、今回は鎌倉で移動が伴う為、自動車では行かず「電車」での訪問としました。
どの順番で行こうかと、電車に乗っている間も悩んだのですが、大船の「常楽寺」から訪れる事にしてみました。


スポンサーリンク

常楽寺

鎌倉幕府第3代執権・北条泰時の墓、大姫の墓(北条政子の娘)、そして大姫の夫である木曽義高(源義高)の墓があります。

常楽寺の参道

常楽寺は、1237年に、北条泰時が妻(三浦泰村の娘?)の母・室家母尼の追善供養のために、墳墓の傍らにお堂を建てたのが始まりとされています。

常楽寺

大船駅からは歩いて約15分といったところでした。
道が狭い所もあるので、スマホでgoogleマップを見ながら移動しました。

常楽寺

大変趣がある古刹です。
裏手が「丘」になっています。

第3代執権・北条泰時の墓

上記は第3代執権・北条泰時の墓で、本堂の裏側にあります。
3つの墳墓があるのですが、その一番右が北条泰時の墓です。

そして、大姫と木曽義高(源義高)の墓ですが、境内の外側にありますので、一度、常楽寺から出る形となります。

常楽寺近くの道

常楽寺の西側となる境内脇の狭い小道を北へと歩いて行きます。

常楽寺

そのまま道なりに進むと、裏手の丘に登る道が現れますので、登ってきます。 
きちんと散策用の階段が整備されていました。

大姫の墓

その丘の道をちょっと登ると、最初に見えるのが源頼朝と北条政子の娘「大姫の墓」です。
墓と言うよりは「祠」のようですが、実は、この墓は、北条泰時の娘で三浦泰平の妻・宮姫の墓でもあるとされています。
これが、大姫の墓だとする説もありまして、まぁ、実際のところはよくわからいなと言うのが実情です。

木曽義高(源義高)の墓

大姫の墓は丘の中腹にあるのですが、その丘を登り切ったところにあるのが、源義仲の嫡男・木曽義高(源義高)の墓です。
大姫の旦那さんですね。

木曽義高(源義高)の石碑

大姫の墓は、場所が分かりにくいので、下記の地図にポイント地点として記しておきます。
常楽寺の観光所要時間は約20分といったところです。

さて、このあとは鎌倉に向かう為、常楽寺のバス停から江ノ電バスにでも乗ろうかと思ったのですが、ちょうど時間が悪くて約15分待ちでしたので、次のバス歩いて行く作戦を取りました。
しかし、次のバス停に着いても、まだバスの時間との差は埋まらず、そのまた次のバス停へと繰り返しているうちに、北鎌倉駅に到着してしまいましたので、北鎌倉駅から横須賀線に乗りました。
もちろん、北鎌倉駅近くには、円覚寺東慶寺などもありますので、鎌倉が初めての方などは合わせて散策なさると良いですね。
小生は、先を急ぐため、2分後に発車の横須賀線にすぐ乗ろうとしたのですが、運悪く東京方面の電車が来て「遮断機」が下りてしまい、そうしている間に鎌倉方面の下り電車も来てしまうと言う状況に・・。
そうなんですよ。
北鎌倉駅は、反対側のホームに渡るのには、駅構内の「踏切」しかないもので・・。
ずっと歩いてきたので、良い休憩にはなりましたが、15分のロスは大きかったです。

→と、言う事で源頼朝の墓に続きます

北条政子とは【尼将軍と呼ばれた御台所】





髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 円覚寺三門(山門) 円覚寺と東慶寺 (北鎌倉) 訪問記
  2. 鶴岡八幡宮 鶴岡八幡宮 歴史観点からの観光参拝みどころ 駐車場の位置も
  3. 大江広元の墓・島津忠久の墓・毛利季光の墓【北条政子ゆかりの地を散…
  4. 鎌倉 源頼朝の墓【北条政子ゆかりの地を散策】
  5. 鎌倉の大仏 鎌倉の大仏 一度は拝観しておきたい国宝のスゴイところ
  6. 江の島岩屋洞窟 江の島岩屋洞窟 節約して賢くお得に訪問する方法
  7. 北条政子の墓【北条政子ゆかりの地を散策】源実朝の墓も
  8. 護良親王の墓と鎌倉宮(大塔宮)【鎌倉の観光スポット】



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 十三湖を望む展望台ベスト3~ 呑龍岳展望台・唐川城跡展望台 十三湖を望む展望台ベスト
  2. 伊予・大洲城の天守内部写真と最上階からの展望写真
PAGE TOP