鎌倉観光

北条政子の墓【北条政子ゆかりの地を散策】源実朝の墓も




鎌倉・源頼朝の墓【北条政子ゆかりの地を散策】からの続きです

北条政子の墓は、寿福寺の裏山に掘った「穴」のような中にあります。
この寿福寺がある場所は、かつての源頼義が勝利を祈願したとされる「源氏山」を背にした、亀ヶ谷と言う源氏家父祖伝来の地であり、源頼朝の父・源義朝の屋敷もここにあったそうです。
そのため、源頼朝も鎌倉に幕府を開く際、最初はここを考えていたようですが、場所がちょっと手狭なのと、すでに岡崎義実が源義朝の菩提を弔う施設を作っていたこともあり、大倉幕府の場所にしたそうです。

寿福寺

上記は「寿福寺」の総門です。
ここから入って行けるのですが、鎌倉五山第3位でもある寿福寺の仏殿がある場所は立入禁止となっていますので、中には入れません。

なお、源頼朝が没した翌年の1200年に北条政子が創建したのがこの「寿福寺」です。
裏山に直登する階段は、崩れていて危険との事で閉鎖されているため、裏手の墓地へは、中門の前で左折して、反時計廻りに大きく歩いて、迂回することで辿りつきます。
山の「崖下」を目指してください。 

源実朝の墓

上記は、源実朝の墓です。
「やぐら」という横穴墳墓の中にて供養されています。
源実朝は北条政子と源頼朝の4男で、鎌倉幕府の第3代征夷大将軍ですね。
ただ、源実朝は暗殺されたので、秦野にあるのが首塚とされていますので、鎌倉のは胴塚と言う事になります。

北条政子の墓

上記が北条政子の墓ですね。
他にも陸奥宗光、高浜虚子、大佛次郎など著名な方の墓があるのですが、標識などがある訳ではないので、よくわかりませんでした。
 
源実朝の墓と北条政子の墓は、源氏山の下にある寿福寺の裏手の墓地にあります。
分かりに行く場所ですので、下記の地図にてポイント地点を示しておきましたのでご参照願います。

この墓地からは源氏山を通って、銭洗弁天まで約400mくらいですので、時間があれば散策するのも良いです。
ただ、源氏山は心霊スポットとしても有名ですので、感度が強い方はご注意を。

鎌倉のトンネル

私は、上記の「手掘りのトンネル?」を抜けて、鎌倉駅へと向かいしました。

源頼朝の話はこちら
北条政子とは【尼将軍と呼ばれた御台所】
源実朝公御首塚と波多野城跡【神奈川県秦野市】





髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 常楽寺の大姫と木曽義高の墓【北条政子ゆかりの地を散策】大船編
  2. 鎌倉 源頼朝の墓【北条政子ゆかりの地を散策】
  3. 鎌倉「長谷寺」 鎌倉「長谷寺」 鎌倉の西方極楽浄土を再現しているとも
  4. 建長寺・梵鐘 (国宝) 鎌倉「建長寺」の広い境内をゆっくり散策してみよう
  5. 明月院~あじさいが咲いていない季節にゆっくり鎌倉訪問するのも良い…
  6. 江の島岩屋洞窟 江の島岩屋洞窟 節約して賢くお得に訪問する方法
  7. 大江広元の墓・島津忠久の墓・毛利季光の墓【北条政子ゆかりの地を散…
  8. 鎌倉の大仏 鎌倉の大仏 一度は拝観しておきたい国宝のスゴイところ



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link


スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 伊予・大洲城の天守内部写真と最上階からの展望写真
  2. 払沢の滝 (東京都檜原村) 日本の滝百選 無料駐車場・遊歩道も完備 払沢の滝 広徳寺
PAGE TOP