九州観光

仙巌園(磯庭園・磯の御殿)のみどころ ~世界遺産にも選ばれた西郷どんロケ地の素晴らしい庭園など


 スポンサーリンク


仙巌園(せんがんえん)は別名を磯庭園(いそていえん)、磯の御殿とも言う薩摩藩島津家の別邸跡で、素晴らしい庭園などが残っており、国の名勝に指定されています。
なお、2015年には明治日本の産業革命遺産となり、世界文化遺産にも登録が決定しました。

正式名称は仙巌園・附・花倉御仮屋庭園(せんがんえん-つけたり-けくらおかりやていえん)と言います。


 スポンサーリンク

江戸時代の1658年(万治元年)に、第19代当主・島津光久が造園を開始しました。

この島津光久は、関ヶ原の戦いで敵中突破を敢行した島津義弘の孫にあたり、もともとこの地には家老・鎌田出雲守の旧宅があったそうです。

仙巌園という名称は、中国江西省にある景勝地「龍虎山仙巌」から取ったと言われています。

なお、その後も歴代藩主が仙巌園の改築を続けたと言います。

下記は錫門です。

水神さまの社もありました。

桜島を築山にした借景技法でせ、鹿児島湾(錦江湾)を池に見立てた素晴らしい景観と、広大な庭園が特徴の庭園となっています。

今回、訪問した11月はちょうど「仙巌園・菊まつり」が開催されていおり、色とりどりな展示が楽しめました。

幕末には第28代当主島津斉彬がこの敷地の一部をに、ヨーロッパ式製鉄所やガラス工場を建設するなどの近代化事業(集成館事業)を起こしました。
2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」では、御前相撲などたくさん撮影されたロケ地にもなっています。

集成館(しゅうせいかん)とは、アジア初の近代洋式工場群で、反射炉、溶鉱炉、洋式造船所も建てたとの事です。

そのため、仙巌園の中には反射炉跡も残されています。

また、鉄製150ポンド砲も設置されています。

1888年(明治21年)からは焼失した鹿児島城に代わって、島津忠義公爵の住まいとなりました。

その後、家督を継いだ島津忠重は東京市に移住させられ、仙巌園は不在となったと言います。
1957年(昭和32年)には島津家に返還され、現在は島津興業が運営・管理しています。
下記は西郷隆盛と島津斉彬の菊人形です。

営業時間は午前8時30分~午後5時30分で年中無休です。
入場券は仙巌園と尚古集成館の両方が見学できます。
なお、御殿ガイドツアーがついたセット券もありますが、ガイドツアーは9時~16時40分までの毎時00分、20分、40分と時間が決まっています。
ただし、見学後にお抹茶とお菓子も出ますので、お得かも知れません。

別料金で所要30分の園内ガイドツアーも、毎時あります。

アクセス・行き方ですが、JR鹿児島中央駅から、カゴシマシティビュー・まち巡りバスの場合「仙巌園前」で下車すぐです。

クルマの場合には下記の地図ポイント地点が有料駐車場入口となります。

係員さんの誘導に従って車を止めて下さい。

観光所要時間は、標準が60分で、ガイドツアーを利用するとプラス40分は見た方が良さそうです。
ひと周りするだけでしたら、45分あれば充分です。
※いずれも尚古集成館は加味せず。

亀寿姫 持明院様 じめさぁ ~お参りすると美人になる鶴嶺神社
島津忠恒と鹿児島城(鶴丸城)~初代薩摩藩主・島津忠恒のその生涯は?
天璋院篤姫(てんしょういんあつひめ) 薩摩・島津家から徳川将軍の御代に
西郷隆盛 【西郷吉之助】の波瀾な生涯が詳しく「まるっとわかる」詳細版
鹿児島の日帰り温泉で汗を流すのも良いです
知覧の見どころ観光スポット~知覧武家屋敷と知覧特攻平和会館
城山~鹿児島の桜島を望む有名観光スポット(夜景も日出もキレイだよ)
南洲神社と南州墓地~西郷隆盛の墓など幕末の志士が眠る墓所【鹿児島観光】
龍門滝のみどころ観光情報~龍門司坂や金山橋も含めた完全攻略法
ロケ地情報(地図あり)「西郷どん」2018年NHK大河ドラマ
西郷隆盛ゆかりの地を効率よく巡る方法と見どころ紹介~鹿児島編

コメント欄に「一句」をどうぞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

★元旅行会社勤務の私も驚きの価格にビックリ。
ほぼ毎月利用しています。例えば東京発25000円で松山1泊旅行に行けました。(^^)
レンタカーやオプションも激安です。
一度、比較してみてください。
JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー



 スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 東京から奄美大島への行き方~奄美大島でのお勧め移動方法など観光手…
  2. CM撮影も行われた透き通る自然水の南阿蘇湧水ベスト3
  3. モアイ像が日本の宮崎にもあった~サンメッセ日南にあるイースター島…
  4. 城山~鹿児島の桜島を望む有名観光スポット(夜景も日出もキレイだよ…
  5. 福岡空港から唐津・平戸・佐賀・柳川・大宰府と1泊2日で一周
  6. 奄美大島にある西郷隆盛の史跡~西郷松と西郷南洲謫居跡への行き方
  7. 雲仙地獄めぐり~噴気漂う雲仙温泉の楽しみ方(雨天編)
  8. 太宰府天満宮と菅原道真~どうして菅原道真は学問の神様になったのか…

Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 土佐タタキ道場~かつおのタタキを体験して食すのが「うまい」
  2. 新府城から天目山の戦いまで武田勝頼一行の足跡を辿る山梨史跡巡り

PAGE TOP