多摩観光

横田基地祭「日米友好祭」無料イベントで非日常アメリカスタイルを楽しもう


 スポンサーリンク


横田基地祭「日米友好祭」

東京の横田基地祭「日米友好祭」のレポートと攻略法をさせて頂きます。

2013年は、予算削減にて無期限中止となりましたが、どういう訳か、2014年からは復活しており、毎年9月の土日2日間で開催されます。
入場は「無料」で、朝9時開門、入場は20時までで、21時閉門となります。


 スポンサーリンク

横田基地の滑走路は全長3350mと長く、成田空港・関西国際空港の4000m、嘉手納基地3688m、中部国際空港の3500mに次ぐ長さで、羽田空港3000mよりも長いです。

なお、民間航空機を含めた1都8県(東京都・栃木県・群馬県・埼玉県・神奈川県・新潟県・山梨県・長野県・静岡県)の、通称「横田空域」の航空管制は、すべて横田基地で行っています。
日米地位協定に基いて、米軍が横田基地、厚木基地、入間基地でのアメリカ軍や航空自衛隊・海上自衛隊機の発着を管制しています。
また、羽田空港から大阪方面・北陸方面に離陸した航空機は、横田空域の上空を通過すると言うことになります。

現在、横田基地には、在日アメリカ軍司令部、在日アメリカ空軍司令部、第5空軍司令部、日米共同統合作戦調整センターがあり、常駐部隊としては、第374空輸航空団、第730航空機動中隊と輸送機があります。
日本の自衛隊としては航空総隊司令部、作戦情報隊、作戦システム運用隊が横田基地に入っており、アメリカ軍との連携をスムーズにしています。

なお、羽田基地のA滑走路とC滑走路へ北から着陸できるよう日本政府は横田空域の通過をアメリカ軍と交渉中です。
2020年東京オリンピックの頃には、羽田空港・南風の際に民間航空機が、新宿駅・渋谷駅上空を通過して、羽田に降りて行くことになりそうです。

そんなことはどうでも良いですが、横田基地祭「日米友好祭」の攻略情報を記載したいと存じます。

アメリカンな屋台

朝ごはん食べないで行ったので、横田基地に入って最初に向かったのは食べ物の売店でした。
外国人が出店する屋台が多いですが、中には、中津唐揚げなど、日本人の出店もありましたが、今回は、せっかくですので、アメリカンテイスト・アメリカンフードを味わいました。
頂いたのは、ホットドックは400円(3$)、ステーキ串(ステーキ4個)が600円(6$)、ダブルバーガー・チーズ700円(7$)。
ジュース類はアメリカ製の350mlはだいたい100円です。
概ね、ステーキ系はたくさん人が並んでいます。
食べ物の写真を掲載するのは好きではないので、ごめんなさい。

表記の通り、US$でも支払いは可能ですが、為替レートはめちゃくちゃで、店舗ごとにも統一はされていません。

繁盛店によっては、支払窓口と受取窓口が分かれていて、並んでいるのは受け取りの方と言う事もありますので、確かめてから並ぶと良いです。
ただ、4時間後、家に戻ってからでよかったのですが、お腹の調子が悪くなったのは、言うまでもありません。

基地内の自動販売機では日本では未発売のチェリーコークやドクターペッパー、そしてルートビアなど、珍しい缶ジュースも購入可能です。

航空機の地上展示

例年ですと、三沢基地や韓国の米軍、那覇基地などからも、戦闘機や攻撃機、オスプレイなども横田基地に飛んできていて、地上展示されるはずなのですが、2017年は状況が一変していました。
2017年は8月に北朝鮮が核実験し、9月には弾道ミサイルが日本の北海道上空を越えています。
それらの緊迫した状況を受けてか、自衛隊の戦闘機も展示されておらず、なんと、戦闘機・攻撃機は「ゼロ」でした。

地上展示されているのは、輸送機などが中心と言う状況でしたので、部隊は有事に備えて待機することを優先しているということなのでしょうかね?
しばらく、基地祭りは、縮小気味かもしれませんが、今年(2017年)の百里基地祭が、一般向けでは無いのは幸かもしれません。

そうそう、安倍晋三首相の前でも妙技を披露した鷹匠(たかしょう)の石橋美里(いしばし-みさと)さんブースもありました。

佐賀からわざわざ出張なさったのでしょう。
飛ぶ繋がりでしょうかね?

あと、この日は、お隣の八王子にてブルーインパルスの展示飛行が行われた関係で、ブルーインパルスも入間基地への帰りに横田ベースの滑走路上空を通過(パス)しました。
まだ、天気が良かった前日の予行練習は動画撮影していますので、よければ、下記をご覧ください。

ブルーインパルスが八王子にやってきた動画

本番当日は台風の雲が低くて、通過飛行だけだったようですので、まだ、上記の予行練習の方が色々と曲技飛行がありました。

訪問時の注意事項

さて、昨今のテロ対策から、横田基地の基地祭では、下記のような注意事項・必要な持ち物があります。

身分証明書持参

16歳以上の方は「国籍」を証明する写真付き身分証明書が必要です。
運転免許証に国籍が記載されていない場合には、登録している暗証番号が必要です。
ただし、日本国籍の方は、この国籍チェックを受けることは、まずありません。

日米友好とあるように、日本国籍の方を対象にしたイベントです。
そのため、外国人は事前に連絡が必要なのと、日本国籍以外の方は、パスポート・外国人登録証明書などの持参が必須で、チェックには時間が掛かります。

実際問題、混雑緩和の為、日本人の方はチェックなしで入れますが、呼び止められた際には身分証明証が必要となります。

16歳までは親権者と

16歳までの方は親権者(18歳以上)と一緒での入場で無いと入れません。

持ち込み禁止物

危険物、アルコール類、ガラス瓶、動物(ペット)、ピラ、フライングオブジェクト(飛行物体・飛しょう体)、大型手荷物(クーラーボックス含む)は持ち込み禁止です。
ビールの持ち込みができませんが、中では販売しています。

公共交通機関で行こう

クルマの駐車場はありません。
自転車の駐輪場も2017年間は廃止となり、徒歩でしか入れなくなりました。

あると便利な持ち物

天気が怪しい時には折りたたみ傘、晴天の際には日焼け止め
ポケットティッシュ(ハンバーガーなど食べると手が汚れます)
家族連れの場合には「ビニールシート」があると地面に座れます
暑い日は熱中症対策を。

ゴミ箱は会場内にあります。

アクセスと駐車場

横田基地への行き方ですが、日米友好祭の入場口は例年の場合、横田基地の第5ゲート(牛浜サプライ)が出入口となります。

よって、最寄り駅はJR青梅線の「牛浜駅」となり、700m、徒歩10分です。

ただし、歩道がそんなに広くなく、歩くのが遅いお子様などがいるため、実際には15分~30分ほど掛かるとお考え願います。
急ぎたい気持ちはあるかと存じますが、人の波にそって、無理せず歩きましょう。
無理をするとゲガの元となります。
入場開始時間前に並ぶ列は、国道16号を箱根ヶ崎の方へと列が並びます。

公式案内では、拝島駅から20分歩くようにとあり、実際に、拝島から歩いている方が多いと言う印象です。
そのため、歩行者が多い、拝島からの方が、歩道が人で一杯になり、滞りやすくなるため、牛浜駅からの方がまだスムーズと言う状態になっているかと存じます。

繰り返しますが、自転車は止めるところがありません。

クルマの場合、付近の民間駐車場利用となります。
タイムズ横田第五ゲート前が最寄りなのですが、9台しかないので、イベント時には早朝から満車となります。
そのため、ねらい目としては、民間は民間でも、自宅の軒先をこの日だけ貸し出しているような、臨時パーキングと言う事になります。

国道16号の「第5ゲート」信号から、都道7号線にそれますと、道路わきにて「案内板」を手に持った係員さんが、あちこちにいます。
そして、空いているところにクルマを止めて、表示されている駐車料金を現金で支払うと言う感じです。
私が訪れた際には、1時間500円のところから、3時間2000円、1日3000円と言うところもありました。

ただ、外国人が掲げているカードは、最初、パット見で意味が分かりませんでした。

この値段も天候や人手によって臨機応変に変わると思いますので、金額はご参考までに・・。

さて、第5ゲートからの入場ですが、入場時に荷物検査が行われます。

そのため、かなり入るのに時間が掛かるかな?と思っていましたが、これが意外にもスムーズでした。

多少、並びましたが、思ったほど、時間は掛かりませんでした。
カバンチェックは抜き打ちと言った感じで、私は受けていません。

なお、横田基地の中は、正直言って、かなり歩きます。
一番奥までは歩いて2km程度あります。
往復で4kmは歩くと言う事ですので、体力が心配な方はご注意を。



場内には仮設トイレがあります。
ただし、結構、並んでいたりしますので、御用がある場合にはお早めにどうぞ。
手洗い設備は「給水車」です。

お子様は迷子に注意

とにかく広いですので、ご家族連れの場合、お子様の「迷子」(まいご)に注意です。
場内放送でも「〇〇のご両親が、お子様を捜しています。」と言うように、子供が迷子で保護されると言うよりは、親が子供を見失うと言うこともあるようです。
そのため、横田基地を入ってしばらく進んでいくと「迷子対策」として、子供の名前などを記載するリストバンドを提供してくれるブースがあります。

お子様連れの場合には、必ず寄っておきましょう。

最終日の20時20分頃には、フィナーレとして「花火」も打ちあがります。
ピザが好きな方は、マイ・タバスコを持参すると、仲間からヒーロー扱いされるかも知れません。

JR青梅線の河辺駅や、昭島あたりには日帰り温泉もありますので、汗をかいたときにはどうぞ。

河辺温泉~梅の湯【青梅の駅前温泉も湯づかいが良いアルカリ性】
昭島温泉「湯楽の里」~露天風呂の趣が良い日帰り温泉
入間基地航空祭とブルーインパルスの航空ショー
JAL工場見学~SKY MUSEUM見学 事前に知っておくと良い7つのポイント
サントリーのビール工場見学「東京武蔵野ブルワリー」ビールの醸造・蒸留を無料で
横須賀軍港めぐり攻略法~「海上自衛隊艦船」
第2次朝鮮戦争勃発か? 北朝鮮のミサイル性能と日本のミサイル防衛体制
北朝鮮の核爆弾50ktの威力や破壊力は広島型と比べてどのくらい強力なのか?
航空自衛隊や海上自衛隊にはアメリカ軍と北朝鮮を攻撃する能力はあるのか? 専守防衛とは
航空自衛隊F-35Aステルス戦闘機の優位性とスクランブルの適正は?
広島原爆ドームと原爆資料館(平和記念資料館)~是非多くの外国人に訪問して頂きたいと願う
旧海軍司令部壕を訪ねて~大田実海軍中将の思いと沖縄戦
三沢航空科学館~三沢基地横にある航空機テーマパークで1日遊ぼう
靖国神社【遊就館】東京でゼロ戦も見れる~外国人も訪れる2時間コース

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

★元旅行会社勤務の私も驚きの価格にビックリ。
ほぼ毎月利用しています。例えば東京発25000円で松山1泊旅行に行けました。(^^)
レンタカーやオプションも激安です。
一度、比較してみてください。
JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー



 スポンサーリンク



髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間20~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 深大寺のパワースポットを気軽に散策
  2. 高尾山に「節約登山」する電車の「割引」や「お得」な方法
  3. サンリオ ピューロランド【初めての攻略法】あると便利な持ち物など…
  4. サントリーのビール工場見学ビールを楽しもう~ビール醸造・蒸留を無…
  5. 高尾山 ケーブルカー高尾登山電鉄 登り前展望「動画」 約6分
  6. 払沢の滝 (東京都檜原村) 日本の滝百選 無料駐車場・遊歩道も完…
  7. 多摩動物公園の駐車場で困らないために~お勧め駐車場はココ
  8. 薬師池公園 東京都町田市にある薬師池の大蛇伝説

旅の思い出をどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



JALダイナミックパッケージ
往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 草津温泉 1泊2日の旅 ① 草津温泉へ
  2. 吉野ケ里遺跡と卑弥呼の邪馬台国の可能性~復元建物も楽しめ立派な吉野ケ里遺跡とは

PAGE TOP