旅行計画

高校生・大学生向け~横浜のホテルに学生でも宿泊できる有益情報など

高校生・大学生向け~横浜のホテルに学生でも宿泊できる有益情報など



横浜には、駅からも近くて、便利なホテルがたくさんありますが、この記事では、高校生や大学生でも泊まれる・宿泊できるホテルとして、ご紹介してみたいと存じます。
横浜のホテルを探す場合には「エリア選択」から「首都圏」→「神奈川県」→「横浜」と進めてください。
もちろん、横浜以外で、東京や大阪・名古屋なども選択可能です。

学生還元のホテル・旅館などの一覧 (学生割引も) 楽天トラベル

上記からは、学生と言うキーワードで、抽出しています。
予約時には、説明などを、よく読んで、ご予約願います。

なお、100%確実とは言えませんが、例えば、ビジネスホテルでしたら「スーパーホテル」さんでしたら、高校生でも学生証持参で、宿泊できることが多いです。
※中学生は、保護者署名の宿泊確認書などが必要な場合が多い。

予約時の注意

宿泊予約時の説明は、ぜんぶ、よく読んで、理解しましょう。
禁煙の部屋なのか?、チェックイン時間は何時からか?
パジャマつきか?、朝食つき、夕食付なども確認しましょう。
ホテルによっては朝食無料と言うところもあります。
あと、特に、何日前から、キャンセル料が掛かるか?、よく確認してください。
また、温泉の場合には、宿泊料金以外に「入湯税」などの地方税が、別途請求される場合があります。(ひとり150円~300円程度)

キャンセル料がいつかる掛かるか確認

一緒に行く友達に、何日から、取消料が、いくら、かかると、ハッキリと伝えておかないと、あとで、トラブルになることがあります。
例えば、3月20日からキャンセル料が発生すると言う事は、3月19日の昼間までに、キャンセル手続きしないといけません。
3月19日の夕方以降は、キャンセル手続きができないと、翌日の手続きになった場合、3月20日の手続きと言う事で、キャンセルチャージが必要となるケースもあります。

突然、行けなくなったと言いだす友達も、多いですので、必ず、キャンセル料が発生することを、伝えておきましょう。

学生証を必ず持参

学生割引プランなどで予約をした場合には、チェックイン(ホテルでの宿泊手続き)の際に、学生証の提示を求められます。
当日、忘れないように持参しましょう。
なお、宿泊する友達、全員分の学生証が必要な場合もありますので、念のため、友達にも、持って行くように、伝えておきましょう。
ホテルによっては、代表者だけの提示で良い場合もありますが、対応が異なることがありますので、全員持参したほうが無難です。

チェックインの時間

例えば、予約したいホテルのチェックイン時間が、15時からとなっている場合には、15時以降でしたら、何時に到着しても大丈夫です。
ただし、23時より遅くなると、防犯のため、玄関のカギが閉まるホテルもありますので、良識的には、遅くとも21時までに、ホテルに入りたいところです。
基本的に、予約する際に、チャックインの予定時間を、報告する場合が多いです。
その場合、例えば、19時に到着予定であれば、少し、遅くなることも考えて、20時にするなど、余裕をもって、報告すると良いです。
チェックインの時間より、早く到着しそうな場合には、そのままホテルに行って、早く着いても大丈夫です。
19時に指定したから、19時頃に行かなくてはならないと言う事ではありません。
ただし、19時に指定したのに、遅れそうな場合には、ホテルに電話して「遅れると」伝えましょう。
(例) 本日、宿泊予約をしている者なのですが、チェックインが遅れそうなので、お電話しました。
このように伝えれば、お名前などを聞かれると思います。
この「遅れる」と言う事を、伝えておかないと、ホテル側は「どうしたのかな?」って、心配しますので、必ず電話してください。
最悪、時間までに来なかったと、予約を無断キャンセル扱いにされて、泊まれないと言う事にも、なりかねません。



なお、夕食付で予約していた場合には、レストラン・食堂・厨房の閉店時間がありますので、遅れると、ご飯を食べれないと言う事になりかねません。
料理は準備されていますので、食べなかったからと言って、返金などもありません。
夕食をつけた場合には、遅れないように、当日の行程を、余裕ある内容にしましょう。

名前と住所

予約時には、基本的に、代表者だけの名前で、予約できます。
なお、チャックインの際には、旅館業法と言う法律により、宿泊者の名前・住所などを、所定の用紙に、記入しなくてはなりません。
これは、基本的に、宿泊する人「全員」が記入する必要があります。
この宿泊者の記載は、法律で決められている事ですので、名前や年齢などを、ごまかすのは、良くありません。
年齢までは、書く必要が無いことが多いですが、ウソをつくことなく、正直に記入しましょう。



荷物は預けられる

ホテルの部屋に滞在できるのは、チェックインの時間から、チェックアウトの時間の間までとなります。
しかし、事前に宿泊予約を入れていれば、当日のチェックインより前の時間でも、ホテルのフロント(受付)に、荷物を預ける事が、無料で可能です。
宿泊したあと、チェックアウトした後でも、フロントで申し出れば、当日中は、荷物を預かってくれます。
これは、日本だけでなく、世界のホテルでも、だいたい、共通のサービスです。
駅のコインロッカーを使用しても良いですが、観光の行程上、そんなに支障が無ければ、最近は、コインロッカーも高いので、ホテルに荷物を預けると、節約にもなります。

ホテルに着いたら

ホテルに到着したら、フロント(受付)にて、チャックインの手続きをしましょう。
(例) 予約していた、〇〇と申します
と申し出れば、対応して頂けます。
ホテルによっては、先払いの場合もありますし、翌朝チェックアウトの際に、宿泊料を支払うケースもあります。

なお、エレベーターに乗ったりして、客室まで、移動する間には「避難経路」(非常口・非常階段の場所など)を、よく確認しながら、部屋に入れるとベストです。
新しいホテルは防火対策もしっかりしていますが、万が一、火災が発生した際には、廊下は、煙(けむり)で見えなくなる可能性があり、停電で真っ暗になるかも知れません。
初めて訪れた施設では、構造も、よくわかりません。
事前に、非常階段がある方向だけでも、わかっていれば、部屋を出て、右に行くのか、左に行けば良いのか、逃げるのに非常に有効です。
このように避難経路を、事前に知っている/知らなかったで、生死を分けることにもなりかねませんので、必ず、非常口は確認しておきましょう。
この非常口の確認は、とても重要ですので、友達と一緒に、念のため、ぜひ、確認して頂きたいと存じます。



日本の場合、宿泊料にサービス料が含まれていますので、基本的にチップは不要です。
しかし、何か、自分のために、特別な事をホテル側にお願いして、それを実現してもらった場合には、気持ち程度のチップを渡せると、お互いに気持ちよく過ごせることでしょう。

廊下は公共の場

ビジネスホテル・シティーホテルなどの場合、基本的にロビー、廊下などは、公共スペースとなっています。
部屋の中は、プライベート・スペースですが、ドアから一歩出た廊下は、家の玄関を出た、外と同じ扱いです。
そのため、部屋の中では、パジャマや、ガウンなどを着ていて良いのですが、公共の場所(廊下など)を、寝間着のまま歩いたりするのは、日本でも世界でも、一般常識的に、マナー違反となります。
とても恥ずかしい事です。
例えば、ジュースを買いに行く場合には、普通の服に着替えて、部屋を出てください。

ただし、日本では「温泉旅館」と言う、何百年も続いている独自の文化もあります。
よって、温泉の大浴場があるような旅館、ホテルなどでは、ホテルの規約にて、廊下などは、浴衣やスリッパで、移動しても大丈夫ですと言うところも多いです。
この廊下が、パブリックスペースになるのか、それとも、浴衣でもOKなのかは、そのホテル・旅館によって、決まりが異なります。
部屋に入ると、旅館やホテルの説明に「浴衣でも良いです」などと、あれば、大丈夫ですので、確認してみてください。
大浴場が無いホテル(客室にしか浴室がないホテル)の場合は、多くが、廊下は、公共の場となります。



あと、ホテルの廊下では、静かに会話してください。
特に、日本にたくさん渡航される、とある国の旅行者は、声が大きいのですが、自宅のドアと違い、ホテルのドアは、法律で、ドアの下に、すき間が設けられているため、廊下にて大きな声で話すと、就寝している他のお客様に、迷惑をかける事にもなりかねません。

また、深夜になりましたら、部屋の中でも、大きな声で会話するのは控えたいところです。
早朝などには、テレビの音量にも注意しましょう。

ホテル備品は持ち帰って良いの?

ホテルの場合、使い捨てのアメニティーグッズは、使わなかった場合、お持ち帰り頂いても大丈夫です。
例えば、ハブラシ・クシなどですね。
シャンプーも、1回分として、小さなパッケージに入っているようなものは、持ち帰りして大丈夫です。
ただし、大きな容器に入っているシャンプーなどは、備え付けの物ですので、持ち帰ると「窃盗」になります。
ホテルの場合、タオル類、バスローブなども、持ち帰ると、それは「盗んだ」ことになります。
ただし、日本の場合、温泉旅館に泊まった際の、小さなタオル(ハンドタオル)で、旅館の名前が入っているような、タオルは、持ち帰っても、大丈夫と言うのが、昔からの慣わしと言えます。
このハンドタオルも、最近は、洗濯して再利用する温泉旅館も、出てきましたので、一概には言えませんが、名前が入っているタオルは、だいたいは持ち帰り可能だと存じます。
バスタオルは、温泉旅館でも、ダメですよ。

あと、お茶の使い捨てパックなども、使わなかった場合には、お持ち帰り頂いて大丈夫です。
更に、ホテルによっては、冷蔵庫に入っているミネラルウォーターを、無料で飲んで良いとしている場合もあります。
客室に入ったら、まずは、ホテルの説明書を、よく読んでみましょう。
テーブルの上か、テーブルの引き出しに、説明書(案内書)が、必ず入っていると存じます。

Wi-Fiも無料で使えるところも、増えてきていますので、パスワードを探してみください。
ただし、Wi-Fiは、混雑していて、よく途切れたり、客室の場所によっては、繋がりにくいと言うケースも多いです。
特に、安い宿では、繋がりにくい傾向がありますので、その時は、諦めてください。



最後に、これは元添乗員としての、アドバイスですが、トイレの時です。
大きいほうをした場合には、すぐに、水を、1回流してください。
おしりをふいたあと、流すと、その間に、トイレの中に、くさい匂いが充満しやすいです。
早く、流してしまえば、その分、臭いも最小限で、済みますので、同室のご友人への配慮にもなりますし、あとで清掃されるスタッフへも優しい事になります。
気になる場合には、小型のトイレ消臭スプレーなど、持って行けると良いでしょう。

それでは、良い旅をなさって頂ければ幸いです。

ホテルに連泊する場合の「荷物」「鍵」「清掃」は どうすれば良いのか?【ホテルの宿泊】
チェックイン時間に遅れそう【ホテル・旅館の宿泊】適切な対処方法
旅行に最適なクレジットカード 旅行保険も充実、新幹線も割引
超静音サイレントタイヤ車輪の機内持込みスーツケースはこれだ
始めてレンタカーを借りる際に知っておくと良い情報
国内出張や旅行に便利なアイテムやグッズの便利度ベスト10





髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ、普通救命修了。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 浄土ヶ浜 浄土ヶ浜 一番効率よく浄土ヶ浜を楽しむ方法や駐車場・散策ルートな…
  2. 姫路・大阪・高野山3日間の旅【真田幸村のゆかりの地】総合計画編
  3. マウンテンバイク(折りたたみ自転車)を導入し機動力UPの巻
  4. 東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラム 東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラムでパスポート購入を…
  5. 北海道個人旅行 東京発23000円で往復航空券とホテルセット
  6. 函館山からの夜景 函館の夜景「攻略法」~函館山へのアクセスを徹底解説 駐車場混雑回…
  7. 旅行会社のフリープラン 欠点に注意
  8. Go To トラベルキャンペーン「地域共通クーポン」 Go To トラベルキャンペーン「地域共通クーポン」情報 業者登…



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Rakuten-Link


スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. NHKスタジオパーク~NHK渋谷放送センターの見学コースを気軽に楽しもう【閉館】
  2. 氣比神宮(気比神宮) 歴史ある北陸道総鎮守 みどころや「駐車場」入口【敦賀】 氣比神宮(気比神宮)
PAGE TOP