四国観光

眉山からの大展望~徳島市を望むパノラマビュースポット

眉山



徳島県徳島市を見下ろす眉山は、標高277mの峰で眉山公園となっており、山頂から徳島市内をほぼ一望できる大パノラマの人気ビュースポットです。

その昔は、万葉集にも読まれている山で、どの方向からもこの山を見ても「眉」(まゆ)に見えると言う事です。
なるほど、そう見えなくもないと思いつつ、クルマで登って行きました。
そのため、ずっと「まゆやま」と読むのだろうと思い込んでいたのですが、眉山は「びざん」と言うのが正しいそうです。



山頂にはNHK徳島放送局や、四国放送などのテレビ放送や、FM放送の送信所アンテナも設置されています。
天気が良ければ、淡路島や和歌山県も望めますと言う事で、実際に望めました。

眉山

春には満開の桜、夏には入道雲の下に緑濃い自然、そして秋には紅葉と四季を通じて散策するのにも良いところです。
下記は展望台から駐車場を見下ろした風景となります。

眉山

なお、麓にある「阿波おどり会館」では、毎日「阿波踊り」が見れますが、その5階から、徳島市営の眉山ロープウェイ(びざんロープウェイ)にて、簡単に山頂まで到達することが可能です。
運転間隔は15分置きで、所要時間は6分程度となります。
昼間でしたら割引になる「3種セット券」もありますので、得してください。
下記は展望台も兼ねているロープウェイの山頂駅です。

眉山

なお、春から秋にかけては、臨時で夜間運行も21時までありますので、素晴らしい夜景も望めることでしょう。
四国一ともいわれる夜景だとの事です。

交通アクセスですが、カーナビどおりに、西部公園側から車で登って行ったのですが、1.5車線くらいと狭く対向車も来るうえに、健康の為でしょうか?、歩いて登られている市民の方も大変多かったです。
そのため、クルマの場合、南側からの広い道(眉山パークウェイ)で行き来した方が良いと感じました。

駐車場から展望台がある高台へは、若干、階段を登って行きますので、ベビーカーはキツイです。

眉山

観光所要時間は、駐車場からの往復で15分~40分と言ったところでしょうか?

電車の場合には、JR高徳線の徳島駅から徒歩で南西600mほど歩くと、眉山ロープウェイ山麓駅に到着します。
徳島の市街地からも近く、クルマであれば気軽に登れてお金もかからない、徳島のシンボル的なスポットでした。

徳島城~立派な石垣と堀は意外にも見どころ満載
阿波の土柱~高速道路のPAからも徒歩で観光できる珍スポット
大歩危観光~吉野川の大歩危峡「遊覧船」で奇岩の迫力を楽しめる冬季「こたつ船」
平家屋敷~大歩危の祖谷地方に伝わる平家落人の里・平家屋敷民俗資料館
祖谷「かずら橋」~つり橋は恐怖感満点の原始的アトラクションだった
こんぴら奥の院「箸蔵寺」~金毘羅さんの奥の院である四国別格霊場
鳴門の渦潮(うずしお)~世界最大級のダイナミックな自然現象を楽しむ7つの方法
四国巡りに使えるオリジナルGoogleマップ





髙田

投稿者の記事一覧

最後までご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
旅行会社勤務時の経験なども活かしまして国内旅行の情報提供中。
日本航空さんに年間10~30回搭乗して日本国内を巡っており、観光地での楽しみ方、お得な過ごし方などを掲載しております。
国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級、温泉ソムリエ。
メディアさまへの写真類の提供・テレビ出演依頼などを賜ることもございますが、自己紹介ページの下部よりご連絡をお願い申し上げます。

関連記事

  1. 勝間沈下橋 勝間沈下橋とは 四万十川に掛かるロケ地
  2. 瀬戸大橋 瀬戸大橋をクルマで渡る際に 与島PAにて瀬戸内海を満喫する方法
  3. 伊佐爾波神社~道後温泉や松山城を見守る歴史深い八幡宮
  4. 足摺岬 足摺岬 地球の丸さが実感できる足摺岬展望台
  5. 高瀬沈下橋 高瀬沈下橋とは 四万十川で3番目に長い沈下橋
  6. 土佐タタキ道場 土佐タタキ道場 かつおのタタキを体験して食すのが「うまい」
  7. 能島水軍「潮流体験」 瀬戸内海の激しい潮流を体験する村上水軍クル…
  8. 金刀比羅宮 金刀比羅宮(ことひらぐう)「はじめて」の金毘羅お参りガイド 初詣…



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Rakuten-Link

Twitter

A8-Link



スポンサーリンク

只今の人気ページ(月間)

Rakuten-Link

おすすめ記事

  1. 猿橋【桂川の渓谷に掛かる日本三奇橋】
  2. 雨引観音 格式ある建物もある風光明美なパワースポット 雨引観音
PAGE TOP